2020 笠松 新緑賞 仕分け予想 安定ダルマワンサと、単騎逃げならエイシンハルニレ◎○

2020 笠松 新緑賞 仕分け予想 安定ダルマワンサと、単騎逃げならエイシンハルニレ◎○

木曜は笠松で3歳重賞・新緑賞が行われます。重賞ですが、東海地区のトップクラスの顔は少なく、つかみどころのない一戦。展開ひとつで結果は変わってきそうですね。ひとまず仕分けでチェックしていきたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

有力馬はいますが、どの馬もあと一歩足りない感じ。最も嵌まる馬はどれか、というレースになりそうですね。

 

【嵌まれば一発】④エイシンハルニレ⑨ビックバレリーナ

④エイシンハルニレは愛知移籍後3連勝。その後園田の重賞では逃げられず惨敗、続く前走はJRAの芝の1勝クラスで敗戦。ただ今回のメンバーなら、先手を奪ってそのままというケースもあり得ます。⑨ビックバレリーナも逃げたい馬。前走は先手を奪えず何もできませんでしたが、すんなり行ければ多少展開が速くても粘れる馬。エイシンハルニレとの先手争い次第ですね。

 

【安定型】①ダルマワンサ

前々走の名古屋では凡走しましたが、笠松戦では強敵相手に安定。少し勝ち味に遅い面もありますが、持ち時計的にも簡単には崩れないでしょう。

 

【展開次第で複勝圏】②ジャマティーボ③ツェトレナー⑤ガンバギフ⑥キセキタイム⑦ドリームレイ⑧オーシャンスカイ⑩タッチウェーブ

重賞では足りないかなという馬たちですが、例えば④エイシンハルニレ⑨ビックバレリーナのどちらかにポカでもあれば順番が回ってきます。成績的には⑧オーシャンスカイが上位なんですが、案外後方で死んだふり作戦をしていた馬の方が面白いかもしれません。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】なし

あくまで有力馬の凡走待ち。そうなると流れひとつでどの馬にも馬券圏内のチャンスは生まれてきそうです。

 

まとめ

実績上位は3頭。安定感では①ダルマワンサ。そして⑨ビックバレリーナも重賞で2着2回、④エイシンハルニレは重賞実績こそないものの自己条件で楽勝。まずはこの3頭から考えたいです。

 

問題はその⑨ビックバレリーナ④エイシンハルニレの先手争い。内外で言えば内の④エイシンハルニレが有利。テンの速さなら⑨ビックバレリーナの方が少し速いかもしれませんが、岡部ハルニレVS大畑ビックという比較なら、岡部ハルニレの方がハナに立ってしまいそうな感じはします。

 

ということでここはひとつ、④エイシンハルニレが行ききって①ダルマワンサが差せるかどうかという展開決め打ちで馬券を狙ってみましょう。三連単フォーメーションで、1着①ダルマワンサ④エイシンハルニレ、2着①ダルマワンサ④エイシンハルニレ、3着全流しで。あとはヒモ荒れを期待。⑨ビックバレリーナ⑧オーシャンスカイあたりが飛ぶと配当が跳ね上がると思うんですが。先日の名古屋の中京ペガスターカップで3着だったダンスヘイローのような大穴馬が飛んできてくれると楽しいです。

 

三連単フォーメーション ①④→①④→総流し

勝負度 ★★☆☆☆