2020 浦和 桜花賞 仕分け予想 レイチェルウーズ、無敗で桜の女王へ◎ アクアリーブルに前走の再現期待○

2020 浦和 桜花賞 仕分け予想 レイチェルウーズ、無敗で桜の女王へ◎ アクアリーブルに前走の再現期待○

いよいよ競馬は中央も地方も本格的なクラシックシーズンに入ってまいりました。しかし、依然無観客競馬は継続。さびしい限りですが、映像を見て応援していきたいところです。そんな中で今週は浦和で桜花賞が行われます。注目は無敗のあの馬ですね。そして浦和のマイルですから、枠順も気になるところ。仕分けしてチェックしていきましょう。

 

【勝ち負け】⑥レイチェルウーズ

5戦5勝。昨年大晦日の東京2歳優駿牝馬は絶対的に不利な大井内回り・フルゲートの大外枠から圧勝。前走は初の浦和も克服。枠順もまずまず。ここも抜けた存在と言えます。

 

【嵌まれば一発】③ボンボンショコラ

逃げが嵌まればというところですが、距離が伸びていい馬とも思えません。太目を叩かれて、好枠からどこまで粘れるかですね。

 

【安定型】⑧ブロンディーヴァ

素質ではレイチェルウーズに迫るものがありますが、東京2歳優駿牝馬で1番人気ながら5着に敗退。ここに来て、今ひとつ爆発力に欠ける印象。枠順も外目で競馬も難しくなりそう。どう立ち回るかです。

 

【展開次第で複勝圏】②ルイドフィーネ④テーオーブルベリー⑤アクアリーブル⑦アンジュエトワール⑩マッドシティ⑪ミナミン

②ルイドフィーネ④テーオーブルベリーあたりはいい枠を引いたので、逃げる③ボンボンショコラの後ろに入ってスムーズに運ぶと馬券圏内までありそうです。⑤アクアリーブルは前走インをうまくさばいて2着。今回も自分より内の馬がみんな先行馬ですから、インに飛び込むことも可能かもしれません。前走の再現もありそう。⑦アンジュエトワールは厳しい展開になりそうですが、流れひとつ。⑩マッドシティはおそらく最後方から死んだふり作戦だと思うので、大乱戦ならというところ。気になるのは⑪ミナミン。休み明けですが、休養前は強い牡馬相手にも好走。再度赤岡騎乗で穴気配があります。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】①スティローザ⑨トキノノゾミ

吉原の①スティローザがどうするでしょう。最近は逃げていませんが、最内枠を引いて玉砕的な逃げ戦法に出てもおかしくありません。

 

まとめ

毎年浦和の桜花賞を予想する時、内絶対有利なだけに枠順が最重要になってくるんですが、今年は逃げ・先行タイプが内に集まったので、かなり展開は想像しやすいかなと思います。内の先行馬たちは理想の形がはっきりしていますから、おそらく出脚で抜けている③ボンボンショコラがハナに立って、その後ろから笹川の②ルイドフィーネと森の④テーオーブルベリーという形でおさまるでしょう。①スティローザの出方も気になりますが、さすがにボンボンショコラに絡んでいけほどではないでしょうかね。

 

そうなると⑤アクアリーブルは前走の再現を狙って、先行勢の後ろ、インの3列目あたりを取りに行くでしょう。となればその外のレイチェルウーズは先行勢の後ろで、やや外目追走の形。かなりレースはしやすそうです。⑧ブロンディーヴァはレイチェルウーズの前に出るか、それとも後ろからマークか悩みどころ。御神本のスタイルからすれば、ここはレイチェルウーズの後ろに張りつく感じになる気がしますが、それでも外を回される可能性は高そうですね。

 

ということで、かなり⑥レイチェルウーズとしてはスムーズな競馬に持ち込めそうです。多少外を回っても、ここ2レースの強さを見れば大丈夫。1冠の可能性は高いと思います。1着固定ですね。

 

相手は⑤アクアリーブル。ユングフラウ賞とまったく同じ印になってしまいますが、おそらく今回もインに入れるはず。一発狙いの先行馬たちが、3コーナー過ぎから速めにスピードを上げていけば、そのスリップストリームに入って(実際は車ほどないでしょうが)、自動的にポジションを上げていけるはず。そして直線ひと脚使って馬券圏内に入ると見ました。距離経験もありますし、再度山本聡哉が乗るのも好材料。2着・3着候補でいきたいです。

 

ここは展開決め打ち、三連単1着2着固定流しで、1着⑥レイチェルウーズ2着⑤アクアリーブル、3着全流し。そしてその2、3着を入れ替えて、1着⑥レイチェルウーズ3着⑤アクアリーブルから、2着全流しでいきます。ユングフラウ賞でポピュラーソングを買わずに悶絶してしまったのでね。ここは総流しで、どっしり見守りたいです。

 

 

三連単1着2着固定流し ⑥→⑤→総流し

三連単1着3着固定流し ⑥→総流し→⑤

勝負度 ★★★☆☆