2020 園田 園田ウインターカップ 仕分け予想 セセリが内で脚をためて切れる◎ エイシンミコノス、ゴールドスークが穴☆

NO IMAGE

木曜も園田は重賞デー。園田ウインターカップが行われます。今年でもう4回目になる短距離重賞、スピード自慢が集まりました。伏兵も多く、波乱の目も十分、仕分けてチェックしてみたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

実績的には①ナチュラリー③エイシンエンジョイがリードしていそうですが、どちらもテンから飛ばしたいタイプですから、このハナ争い次第でレースは一変しそう。

 

【嵌まれば一発】①ナチュラリー③エイシンエンジョイ⑩ブラゾンドゥリス

①ナチュラリーは重賞4勝の快速馬。ただここ2戦は相手も強く、いい時の出脚が影を潜めています。1枠だけにすんなり行って粘るか、揉まれて惨敗かのどちらかでしょう。③エイシンエンジョイも似たタイプですが、番手からの競馬もできなくはないです。①ナチュラリーとどう戦うかがレース全体の鍵でもあります。⑩ブラゾンドゥリスは前走高知で4着。兵庫GTだけ走れば間に合いますが、今の園田は前残り馬場なだけにどうでしょう。

 

【安定型】②セセリ⑦イルティモーネ

②セセリは中央時代は芝の中距離中心。兵庫の小回りダートが心配でしたが、移籍してみるとなかなかの適性を見せています。今回は逃げ勢の後ろでレースができそうな枠に入りましたし、前が止まれば。⑦イルティモーネは兵庫GTで複穴で指名して見事に連対してくれました。地元戦なら当然有力となりますが、元々相手なりに走るタイプ。今回は別定で斤量も4キロ増えますし、今の前残り馬場では取りこぼしもありそう。

 

【展開次第で複勝圏】④エイシンミコノス⑥ゴールドスーク⑧カリテスグレース⑪キヨマサ

④エイシンミコノスは時々大物食いがあります。廣瀬も穴っぽいジョッキーで、斤量も2キロ減。うまく内に潜り込めば。⑥ゴールドスークは重賞では枠順や展開の助けが欲しいところ。もう少し内に入りたかったでしょうね。ただ時計の速い馬場は好相性。⑧カリテスグレースは昨年中距離重賞で健闘していましたが、今回久々の1400でどうでしょう。大山なら後方から行きそうですが、今の馬場では厳しいかも。⑪キヨマサも前が止まればの馬。流れ次第ですが、同タイプの⑦イルティモーネ⑩ブラゾンドゥリスに勝てるかと考えると難しいところ。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】⑤トウシンムサシ⑨タガノカピート

⑤トウシンムサシはここでは決め手不足。逃げの⑨タガノカピートも速い馬が多く、ここでは自分の競馬は難しいか。

 

まとめ

①ナチュラリーは何が何でも行きたい馬。あとは③エイシンエンジョイがどうするか。エンジョイがナチュラリーの前に入ってしまえば、ナチュラリーはかなり厳しくなります。ナチュラリーがハナなら、そのままペースが落ち着く可能性もあり、両方残る目も考えられそう。そしてうっかり2頭が1コーナーまで競り合うと、共倒れもあります。このどれかのパターンになるのではないでしょうか。

 

私の本命は②セセリ。兵庫移籍初戦だった前々走は、内で脚をためて4コーナーで外に持ち出すと持ったままで楽勝。前走は直線を向いて勝ち馬にはじかれる不利があって敗れましたが、今回は前に①ナチュラリー③エイシンエンジョイがいて、その後ろあたりに入れそうな2枠。④エイシンミコノスをどう処理するかがポイントになりそうですが、瞬発力はありますし、とにかく道中ロスなく走れそう。3、4コーナーをスムーズに回れれば、スローでもハイペースでも確実に末脚を使ってくれると見て、軸にしたいと思います。

 

三連複フォーメーションで1頭目に②セセリ2頭目に①ナチュラリー③エイシンエンジョイ、そして好枠の④エイシンミコノスと時計のある⑥ゴールドスーク、3頭目にその他⑦イルティモーネ⑧カリテスグレース⑩ブラゾンドゥリス⑪キヨマサへ。基本的には前有利で、差すなら内を捌いた馬かな、という予想です。①②③はつかないと思うので多少厚く買いますが、元が取れればいいかなと思っております。

 

三連複フォーメーション ②-①③④⑥-①③④⑥⑦⑧⑩⑪

勝負度 ★★☆☆☆