2020 京都 シンザン記念 仕分け予想 和田2度目でタガノビューティーが差す◎ 相手は混戦☆

2020 京都 シンザン記念 仕分け予想 和田2度目でタガノビューティーが差す◎ 相手は混戦☆

3連休の中央競馬は3日間開催。日曜は京都でシンザン記念が行われます。アーモンドアイ、ジェンティルドンナなどが重賞初制覇を成し遂げた出世レース。今年もこれから期待できる馬が揃いました。仕分けてチェックインしてみます。

 

【勝ち負け】なし

素質馬は多いものの、まだまだキャリアが浅い馬たち。ここは空欄でいいでしょう。

 

【嵌まれば一発】①サンクテュエール④タガノビューティー⑨ルーツドール

①サンクテュエールは前走リアアメリアの決め手に敗れましたが、休養明けで体重増えての2着なら上々。今の京都の馬場を考えると最内枠はプラス。④タガノビューティーは初芝となったG1でメンバー最速の上がりで4着と健闘。一瞬差し切るかと思わせる末脚で、ここも当然有力候補になりそう。⑨ルーツドールは新馬で良血ゴルトベルクを退けて快勝。いきなりの重賞となりますが、フィエールマンの妹で素質は通用しそう。

 

【安定型】なし

なかなか掴み所のないメンバーではあります。一長一短ですね。

 

【展開次第で複勝圏】②ヴァルナ⑤オーマイダーリン⑥プリンスリターン⑧カバジェーロ

②ヴァルナはいい枠に入りました。前走は距離が敗因、マイルで折り合えば。⑤オーマイダーリンは前走がいい末脚。展開が合えば。⑥プリンスリターンは善戦タイプ。インパクト不足ではありますが、そこそこ走ってきそう。⑧カバジェーロは前走ジェンティルドンナの妹に競り勝ち。あとは重賞でゴチャゴチャした展開になってどうかです。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】③コルテジア⑦ディモールト⑩ヒシタイザン

③コルテジア⑩ヒシタイザンもいい先行力がありそうですが、瞬発力で見劣ります。⑦ディモールトも初芝が重賞となるとどうでしょう。

 

まとめ

先週の京都を見ると、やはり内が若干有利なのかなと思います。しかし数年前のような内ラチ天国というわけでもなさそう。馬場に関してはある程度フラットな感覚で見た方がいいかも。それでも先行馬はやはり内を取りたいでしょうし、ある程度流れるのかなと思います。

 

そうなればやはり差し馬かなと思いまして、本命は④タガノビューティーにしてみました。ダートで連勝、しかも1800・1600と全く違う条件での勝利。そして前走初芝で果敢に挑戦した朝日杯FSでは、大外から伸びて最後脚が上がったもの4着と健闘。距離ロスもあっただけによく頑張っています。さまざまな条件できっちり末脚を使える馬。今回は若干時計のかかる京都の芝ですから、この万能な能力がピッタリ嵌まる気がします。和田も2度目で脚の使いどころもわかったでしょうし、何より今回は頭数が少ないのがいいです。軸で考えたいと思います。

 

相手がかなり難解ではあるので、ここは馬単マルチ流しでいきます。組み合わせの妙で配当が跳ねることを期待。④タガノビューティーから①サンクテュエール②ヴァルナ⑤オーマイダーリン⑥プリンスリターン⑧カバジェーロ⑨ルーツドールへ。オッズ次第では④タガノビューティーの単勝も買いたいですが、5倍以下になってしまいますかね。

 

相手候補で期待してるのは②ヴァルナ。前走は2000で競馬になっていないので、京王杯だけ走れれば怖いです。

 

 

馬単マルチ流し ④⇄①②⑤⑥⑧⑨

勝負度 ★★★☆☆