2019 大井 大井記念 タービランス◎リッカルド○も、馬場状態次第。

2019 大井 大井記念 タービランス◎リッカルド○も、馬場状態次第。

水曜の大井は伝統の大井記念。今年は昨年に比べてかなりハイレベルなメンバーが集まりまして、ただでさえ混戦なんですが、さらに火曜の大雨で馬場状態が微妙。道悪は間違いないところですが、どの程度回復するのか直前になってみないとわからない部分があります。馬場次第でいくらでも順番が入れ替わりそう。一応本命は②タービランスにしました。

 

おそろく今回も好位抜け出しを狙ってきそう。月曜・火曜の段階の大井の馬場は味方になるはずですが、水曜がどうなるかはやってみないとわかりませんね。この馬自身としては今年も連対を続けていて堅実。メンバーの中では最も計算できる馬だと思います。前走は重賞連勝中のキャプテンキングの切れ味にやられましたが、後続は3馬身以上ちぎっていました。ソラのある馬で、反面並ぶとどこまでも伸びていきそうな馬。森がヒガシウィルウィンよりこちらに乗ってきたことも魅力的。人気ですが中心にします。

 

人気のタービランスなのであまり手広く流せないですね。そして馬場が前残りなのか外差しなのかまったくわかりません。火曜までの馬場傾向で考えれば、外から前々につけられる馬が良さそうなので、昨年の覇者・⑩リッカルドを相手に据えたいです。休み明けが鍵ですが順調そうですし、リフレッシュされたというメリットの方がありそう。外目を包まれずに進出して4角で②タービランスと一緒に抜け出せばそのままもあるかも。

 

もし内の前が残りやすい馬場なら、ちょっと穴で買ってみたいのは、昨年2着の⑦サブノクロヒョウ。前走休み明けでしたが、内からするすると進出して一瞬あるかと思わせました。もし強烈な内伸びの馬場になったら複穴で買いたいです。当然他の強力な馬も展開ひとつでチャンスがありますが、②タービランスで行くからには絞ってコンパクトに買うしかないかなと思ってます。馬連で②タービランス⑩リッカルドと、ワイドで②タービランス⑦サブノクロヒョウを買って観戦したいです。もし事前のレースで極端な馬場傾向が現れたら、それに丸乗っかりでもいいですね。外差し競馬なら⑤モジアナフレイバー⑭サウンドトゥルーということになるでしょうか。逆に内がいいなら、⑥ヤマノファイトもスタート決めて良い位置を取れたらチャンスが出てきそう。

 

⑥ヒガシウィルウィン⑧センチュリオンはどちらも実力がありますが、どうも最近はエンジンのかかりが遅い印象。これだけのメンバー相手だと差し遅れる怖さがあるので不安ですね。ただ、馬場と立ち回り次第ではあるんですが。どかんと儲けるにはなかなか難しいレースですね。

 

  • 馬連 ②-⑩
  • ワイド ②-⑦
  • 勝負度 ★★☆☆☆