2019 名古屋・東海桜花賞、園田・菊水賞 まとめて予想。

2019 名古屋・東海桜花賞、園田・菊水賞 まとめて予想。

木曜は名古屋と園田で重賞が組まれています。名古屋では古馬による東海桜花賞、園田は3歳馬の菊水賞。どちらも馬場状態も気になるところ。波乱の余地もありそうです。まとめて見ていきたいと思います。

 

名古屋 東海桜花賞 南関東の刺客、バンドオンザラン◎

1400の重賞・東海桜花賞。これまでの傾向を見ると、スピードのある馬が押しきるケースが多い感じで、今年はそれに加えて不良馬場ですから、快速馬には有利となりそう。本命は川崎の④バンドオンザラン。

 

南関東のばりばりのオープン馬というだけでかなり有利かと思いますが、最近のレース内容を見ると名古屋の1400もなかなか合いそうな気がします。ハナでもいいですし、2番手でもレースができるのは魅力。キャプテンキングやベンテンコゾウと1秒以内のレースをしている馬ですから、相手関係的にここでは負けられません。赤岡も乗り慣れてますし、本命でいいと思います。

 

相手はまず、前走久々にらしい競馬ができた⑥メモリートニック。スランプから脱出したなら、スピードで上位だと思います。おそらくハナでしょうから、場合によってはバンドオンザラン打倒もありえるかなと思ってます。

 

さらにスタートに不安がありますが、道悪巧者の⑦キクノステラ、勢いのある⑨スムーズジャズも相手候補。複勝圏内なら③サンデンバロン⑧ポルタディソーニまであるでしょうか。

 

三連単1着固定で④バンドオンザランから、⑥メモリートニック⑦キクノステラ⑨スムーズジャズ③サンデンバロン⑧ポルタディソーニへ。ただ、なかなか配当的には期待できないですかね。遊びで⑥メモリートニック→④バンドオンザランの馬単も少し買ってみたいです。

 

  • 三連単1着固定流し ④→⑥⑦⑨③⑧
  • 馬単 ⑥→④
  • 勝負度 ★☆☆☆☆

 

 

園田 菊水賞 馬場状態が微妙。前総崩れを願ってオオエフォーチュン◎

園田・菊水賞も不良馬場で行われることになりそう。注目はロードカナロア産駒のジンギですが、私は展開が嵌まると見て⑪オオエフォーチュンを本命にしてみました。

 

前走のJRA戦は度外視して、その前のゴールドジュニアがなかなかハイレベルなレース。前の馬が厳しい流れで、後方待機のこの馬には展開が向いた感じですが、今回もペースは速くなるんじゃないかなと思ってます。園田の3歳クラシック初戦ですし、さらに不良馬場となると、みんなポジションを取りに行きそう。自然とペースが速くなって、意外と差しが嵌まるのではないかと読みました。必ず一脚は使う馬。外まくりに期待です。

 

三連複1頭軸で流したいです。相手は①エナキョウ③セイウンクロノス④テンマダイウェーブ⑥エイシントカチ⑦ジンギ⑧バンローズキングス⑨ベルリーフ⑩アイオブザタイガーと手広く。大穴は③セイウンクロノス。前走は移籍初戦で前に行きすぎた感じだったので、もし思い切った後方待機をするようなら、オオエフォーチュンと一緒に追い込みが決まる可能性もありそう。全体的にそれほど差はないメンバーだと思うので、展開と馬場次第で何が起こるかわからないと思ってます。

 

  • 三連複1頭軸流し ⑪-①③④⑥⑦⑧⑨⑩
  • 勝負度 ★★★☆☆