2019 佐賀 ル・プランタン賞 経験が生きる、ナラが頑張る◎

2019 佐賀 ル・プランタン賞 経験が生きる、ナラが頑張る◎

中央で桜花賞が行われた2時間半後、日曜の佐賀ではグランダムジャパン3歳シーズンの第3戦、ル・プランタン賞が行われます。毎年各地から多彩な馬たちが集まって頭を悩ませるレースですが、今年も一長一短がありそうなメンバー。その中でも私の本命は⑧ナラにしました。

 

とにかく各地を転戦してハードに走っているこの馬ですが、前走の浦和桜花賞もバテた馬を交わしただけとは言え6着は立派。5走前の梅桜賞もエムエスクイーンが強かったレースで後方から追い上げて4着と健闘しました。5着のチェリーフォールに4馬身差をつけてますし、能力は高いです。あとは疲れがどれだけあるか、それだけが心配です。

 

相手はやはり⑨スーパージンガ。地元佐賀の馬には負けないでしょうし、他地区の馬も全国区のような馬はなかなか見当たらないので、崩れる可能性も少なそう。枠もいいと思います。馬連1点と三連複2頭軸で流したいですね。

 

三連複の相手は②スウォードクイーン③ユノートルベル⑥チェリーフォール⑦オーチンハラショウ⑩ナンヨーオボロヅキでしょうか。注目は⑩ナンヨーオボロヅキですが、一気の距離延長も課題ですし、高知の3戦の勝ちタイムがもうひとつな気がします。良馬場で2分近いレースをしのげるかは微妙かなと思いまして評価は下げてみました。

 

  • 馬連 ⑧-⑨
  • 三連複2頭軸流し ⑧⑨-②③⑥⑦⑩
  • 勝負度 ★★☆☆☆