2019 名古屋・名古屋大賞典 2度目の名古屋でグリム◎ 船橋・柏の葉オープンも注目。

2019 名古屋・名古屋大賞典 2度目の名古屋でグリム◎ 船橋・柏の葉オープンも注目。

木曜もダートグレード、名古屋大賞典が行われます。今年は地元のカツゲキキトキトの名前がなくて、地方勢では園田のマイタイザンに期待したいところですが、よりによって今回のJRA勢はみな逃げ先行タイプ。中央オープンの先行馬がずらりと揃ってしまっては、マイタイザンの逃げの一発はちょっと厳しそう。となればまたJRA勢の争い。私は4歳馬の勢いを重視して本命は

おとなしく⑫グリムにしたいと思います。

 

金沢で圧勝した後、浦和記念2着、名古屋グランプリで3着。前走の名古屋グランプリは最後失速しましたが、終わってみれば距離が少し長かったですかね。負けた相手もダイオライト記念を楽勝したチュウワウィザードと川崎記念勝ちのミツバでは仕方ありません。今回は前回比べればメンバー弱化。同じ名古屋ですし、距離も600メートル短くなってレースはしやすいはず。鞍上の武豊もコースを熟知しているでしょうし、 一番信頼できそう。連軸で行きます。

 

相手は一応②ヒラボクラターシュ。ただ若干瞬発力不足で、内枠をうまくさばけない場合はアラアラという結果もありそう。他のJRA勢、④テルペリオン⑦キクノルア⑩アナザートゥルースも僅差でしょう。

 

三連単1着固定で、グリムから他のJRA勢に流すだけのつまらない予想です。ヒラボクが飛ぶと多少配当が良くなりますかね。⑧マイタイザンを応援したい気持ちはありますが、いざJRA勢をやっつけるとなった時、テルペリオンやキクノルアのポカは期待できても、その他の3頭をやっつけるのはなかなか難しいかなと思いました。好きな馬なんですがね。

 

  • 三連単1着固定流し ⑫→②④⑦⑩
  • 勝負度 ★☆☆☆☆

 

 

船橋・柏の葉オープン、見所満載!

さて、重賞ではありませんが、同日の船橋では全国交流のオープン戦、柏の葉オープンが行われます。昨年はタービランスが高知のミッキーヘネシーがつっこんで来ましたが、今年は昨年以上に豪華メンバー。なんと言っても⑦ヒガシウィルウィンという超大物が参戦してきました。それに加えて東北の雄・⑪ベンテンコゾウ、さらに復活した④ストロングハート②ラブミークンもいて、オープンとしてはもったいないようなメンバーになっています。中央重賞2勝の⑬アクティブミノルもいますね。

 

実績・能力ではヒガシウィルウィンがリードしているでしょうが、明らかにここは試運転。それでも格好はつけてくるでしょうが、元々瞬発力型ではないだけに、先行した馬を捕らえきれないケースは考えておきたいです。そうなれば、積極的に行くであろうベンテンコゾウ、そして前走逃げられなかったラブミークンあたりの逆転もありかなと思ってます。

 

ベンテンコゾウはヒガシウィルウィンクラスのトップレベルの馬と戦うのが今回初めて。最後の地力比べでどうなるかですが、ここ2戦に比べて斤量がだいぶ楽なのはプラス材料。ラブミークンは前走外枠で逃げる馬を前に置いてレースをするつもりだったんでしょうが、結果的にだいぶ後ろからの競馬になってしまい、持ち味を生かせませんでした。今回は内枠ですし、積極的に行くんではないでしょうか。時計だけなら間に合う計算です。ストロングハートは若干時計不足でしょうか。体重がもう少し絞れると差は縮まるかもしれませんが、乗り替わりですし、勝ち負けまで苦しいかもしれません。

 

ヒガシウィルウィン・ベンテンコゾウ・ラブミークンの三連単ボックスで行きたいと思います。展開によって着順はいろいろ入れ替わりそう。ラブミークンが頭なら配当的には楽しいですね。楽しみなレースです。

 

  • 三連単ボックス ②⑦⑪
  • 勝負度 ★★★☆☆