2019 名古屋 スプリングカップ マイネルハイボーンの差し◎ 

2019 名古屋 スプリングカップ マイネルハイボーンの差し◎ 

火曜は名古屋で3歳重賞・スプリングカップがあります。全国交流、さらに距離が1800メートルというところで、紛れも少し考えたいところ。一応⑫アンタエウスが本命でしょうが、配当的なところで違う馬に注目してみました。私の中心は①マイネルハイボーンです。

 

前走の1400戦では差し届きませんでしたが最後差は詰めました。そして前々走のマイル戦がかなり強い内容。内で脚をためて、最後は鋭い伸び。あまり忙しい流れのレースよりも、ためが効く中距離戦向きなのかも。鞍上の木之前との手も合いそうで一発を期待。

 

とは言え、本命視されるであろう⑫アンタエウスは普通に走れば力が上です。前走も序盤は2番手からの競馬ができましたし、200メートルくらいの距離延長ならこなせる可能性は高そう。ただ、大外枠でもありますし、あくまで初距離。思わぬ敗戦も若干ですがあり得ます。どちらにしろ、アンタエウスから買っても配当的には期待できませんし、ここは①マイネルハイボーンからワイドで流してみたいと思います。

 

マイネルハイボーンから、一応主力は⑫アンタエウスですが、その他は差し勢を選んでいきたいですね。②トーセンスプモーニ③リードメロディー④リリコ⑥サノオーソ⑧トリマゴラッキあたり。浦和・小久保厩舎の②トーセンスプモーニは休み明けでもあり未知の存在。それだけに不気味です。③リードメロディーは距離経験が強み。前走で2周目に捲っていった内容は悪くないです。牡馬相手でも。兵庫の④リリコは前走逃げてますが、本来差しタイプ。初遠征が課題ですが、しぶとく食い下がれれば。⑥サノオーソも、マイネルハイボーンと同様に中距離向きの雰囲気。前々走の再現があれば。⑧トリマゴラッキは前走の休み明け初戦が好内容。距離は微妙ですが、うまく流れに乗れたら差はないです。

 

⑦ゴールドリングの速い逃げを期待したいですね。上がりがかかる展開になればいいんですが。ちなみに⑨フォアフロントですが、差し馬を狙っているので馬券から外してみました。もしフォアフロントが来る展開なら、アンタエウスも来るかなという見方です。もし乱ペースになったら⑥サノオーソのしぶい脚が魅力なので、最後にアンタエウス・サノオーソのワイドも少し押さえたいです。ワイド3つ当たりが来れば最高。

 

  • ワイド流し ①-⑫①②③④⑥⑧
  • ワイド   ⑥-⑫
  • 勝負度   ★★★★☆