2018 船橋 クイーン賞 ペースがカギ。一応プリンシアコメータ◎

2018 船橋 クイーン賞 ペースがカギ。一応プリンシアコメータ◎

水曜の船橋では、伝統の牝馬交流重賞・クイーン賞が行われます。昭和っぽいネーミングのレース名がいいですね。ハンデ戦ですし、時々地方馬も絡んで穴になるレース。今年もなかなか予想に悩みましたが、本命は結局、⑨プリンシアコメータにしました。

 

自分のペースで行けないと脆いこの馬。前走のJBCレディスクラシックも、今回出走しているアイアンテーラーやサルサディオーネ、さらにはカワキタエンカがいて4番手からの競馬。結局4コーナーでは内で進路を失って直線は武豊が白旗を挙げるようなレースで大敗しました。今回もアイアンテーラーとサルサディオーネがいるので、理想である逃げの展開にはならないでしょう。ここは開き直って、逃げたい2頭を先に行かせて単独3番手追走のようなレースになってほしいですね。それならハナでなくても、リズムよく走れるはず。他に突然ガリガリ行くような馬はいないでしょうから、勝った前々走のレディスプレリュードのような感じで進めれば結果は出るはず。このコースは昨年好時計勝ち。トップハンデの56キロも門別でこなせていますし、なんとか頑張ってくれるのではないでしょうか。

 

その逃げの2頭、⑦アイアンテーラー⑩サルサディオーネの先行争いは、レースの鍵を握っています。サルサが途中からどれだけアイアンに競りかけるかというところ。もしガンガン行くようなら共倒れもあるでしょうし、サルサが2番手で抑えるならそのまま流れ込みもあります。それに加えて、アイアンテーラーは初めてのナイター競馬というところも気になる材料。差し勢の台頭も十分あるでしょうね。

 

もし差し台頭の競馬になれば、①アルティマウェポン③ブランシェクール⑧ハービンマオといったあたり。どれも、ある程度前が止まってほしいところでしょう。①アルティマウェポンは前走びっくり3着でしたが、元々素質はある馬ではあります。左回りに対応できれば軽ハンデですし怖いです。③ブランシェクールは前走の馬体減が回復していれば。⑧ハービンマオのベストは2000くらいでしょうが、1800でも前が止まる展開なら。門別だけ走れば馬券内の計算は立ってきます。

 

プリンシアコメータから三連複1頭軸流しですが、相手に⑦アイアンテーラーを入れると配当がかなり安くなりそう。かと言って、それほど信頼感がある馬でもないので、一応元取り狙いで抑える程度にします。狙いは差し差しが決まる展開アルティマウェポン・ブランシェクール・ハービンマオへ。大穴で、だいぶ勢いは落ちてきましたが⑤タイムビヨンド。一昨年の再現を期待。良い時の⑪ラインハートであれば、爆穴狙いで面白いんですけどね。ここはさすがに厳しそうです。

 

  • 三連複1頭軸流し ⑨-①③⑧⑦⑤
  • 勝負度 ★★☆☆☆