2018 園田金盃 マイタイザンの逃げ切り◎

2018 園田金盃 マイタイザンの逃げ切り◎

木曜の園田は大一番、園田金盃が行われます。ファン投票で出走馬が決まる「兵庫の有馬記念」。賞金も1000万円ということで、各馬このレースを目標にしてきたと思います。真っ向勝負が楽しみですが、私の本命は⑥マイタイザンで行きたいと思います。

 

出馬表はこちら

昨年は3着。最後サウスウインドとの競り合いに負け、ミッレミリアにも交わされてしまいましたが内容は一番だったように思えます。昨年はトーコーヴィーナスも出ていましたし、スタートしてからかなり気合いを付けてハナを奪いに行きました。今年は同型らしい同型はいません。それに今年のマイタイザンは去年より強いはず。前走はカツゲキキトキトに完全にマークされてつぶれましたが、今回はトーコーやキトキトほどの速い馬はいない感じ。タガノゴールドが新子厩舎のコンビプレーで仕掛けてくるかもしれませんが、スピードで上回ると見ました。叩き3戦目、悲願のグランプリ制覇と見て本命。

 

相手はまず⑩タガノヴェリテ。終いの切れ味ではこのメンバーでは一番。ただ、前走に比べて全体的なメンバーのレベルが高く、捌くのに手を焼くかなとも思います。その分、マイタイザンまで届かないのではないかなと思いました。ただ、当日の馬場傾向次第では逆転もあるでしょう。

 

もう一頭のタガノ、③タガノゴールドも前走のJBCは大健闘と言っていい内容。マイタイザン、タガノヴェリテに迫る力はありますが、問題は内枠とテン乗りの笹田への乗り替わり。うまく好位につけられればチャンスありです。

 

この3頭が少しだけ抜けているかなと思っています。⑧エイシンニシパ⑨キクノソルも強い馬ですが、ちょっと勝ちきれないタイプなので連は厳しいかなと思ってます。穴を狙うなら、人気薄の3着。前残りか、内を捌いた馬が面白いでしょうか。

 

そうなると、まず昨年の覇者⑦サウスウインド。復帰後は結果が出ていませんが、前走で直線先頭に立ったところを見ると、もう少しかなという印象。叩き3戦目、赤岡騎乗で粘りが増せば。もう一頭は①エイシンホクトセイ。前走は距離不足でしたが、4着ならまずまず。内からするすると伸びるのが得意ですし、1枠は絶好。3着穴ならわかりません。

 

馬券ですが、本線は馬単マイタイザンからタガノヴェリテ・タガノゴールドへ外差しの馬場傾向があるなら、タガノヴェリテ→マイタイザンの馬単も買いたいです。そして三連単の穴で、3着付けにサウスウインドとエイシンホクトセイの組み合わせをちょっと買ってみたいですね。オッズがちょっと読みづらい感じもあるので、なかなか買い方が難しいレースだと思います。

 

  • 馬単流し ⑥→⑩③
  • (馬単 ⑩→③)
  • 三連単フォーメーション ⑥→⑩③→①⑦
  • 勝負度 ★★☆☆☆