2018 中山 カペラS 並んで強い、キタサンミカヅキ◎

2018 中山 カペラS 並んで強い、キタサンミカヅキ◎

日曜・中山ではダート1200のG3・カペラSが行われます。毎年難解なこのレース、今年も個性豊かなメンバーが揃いまして悩みましたが、私の本命は、船橋の①キタサンミカヅキにしました。

 

現在南関東で圧倒的な強さを見せているキタサンミカヅキ。東京盃連覇は見事。前走の京都・JBCスプリントは、不利と思われた時計の速い京都のダートも克服、結果は3着でしたが輸送などを考えれば健闘と言えるでしょう。今回は中山に変わりますが、中央時代から中山1200ダートは主戦場にしていた馬。船橋所属で、かえって他のJRA勢よりも輸送は楽かも。1番枠が難しいところですが、最近のレースを見る限り、競り合いに強い印象があります。内に潜りこんでこじ開けるようなレースの方が持ち味が生きそう。斤量も背負い慣れてますし、ここは軸に考えたいです。

 

相手はちょっと穴っぽいところに流したいですね。④キングズガード⑧ハットラブ⑨ネロ⑬オウケンビリーヴ⑮ウインムート。はっきりとしたレースをする馬を買いたいですね。

 

④キングスガードは実績馬ですし叩き3走目。前走は一瞬前が塞がりましたが、モーニン・レッツゴードンキとは僅差。ここもうまく捌ければ。⑧ハットラブは中山1200巧者。今回は54キロが有利ですし、横山の後方一気がはまれば台頭もありでしょう。

 

⑨ネロ⑮ウインムートは、どちらも前に行きたいクチ。今回同型の⑪サイタスリーレッドがいるのでポジション争いが微妙ですが、意外と2頭とも番手競馬もできるタイプ。おまけに芝スタートは他の生粋のダート馬よりも多少アドバンテージがあるかも。すんなり好位置が取れれば。そしてネロの鞍上、川崎の瀧川寿希也のファイトにも期待。最後に⑬オウケンビリーヴ。ダートグレードで安定していますし、4月の天王山Sは出負けが敗因。普通に出れば差はないはず。

 

①キタサンミカヅキから、④キングズガード⑧ハットラブ⑨ネロ⑬オウケンビリーヴ⑮ウインムートへ馬連・三連複で流し。人気どころの②コパノキッキング⑥オールドベイリーは、相手強化でこの内目の枠を捌けるか不安。ジョッキーも気になってしまいますね。

 

  • 馬連・三連複 ①-④⑧⑨⑩⑬⑮
  • 勝負度 ★★★☆☆