2018 ジャパンカップ アーモンドアイの相手に悩んだ一週間。

2018 ジャパンカップ アーモンドアイの相手に悩んだ一週間。

先週のマイルチャンピオンシップはアエロリットともに派手に散りましたね。ただ、穴でジュールポレールを推しましたが、あれは乗り方ひとつで勝ち負けになっていたように思います。無念です。でも外れは外れということで、今週はいよいよジャパンカップ。本命はやっぱり①アーモンドアイでいきたいと思います。

 

出馬表はこちら

1枠1番がどう出るかですが、頭数もそんなに多くはないですし、馬群の後ろから直線外にぶん回せば、直線だけでなんとかなるかなと思ってます。切れ味タイプだけに、53キロはかなりの追い風になりそう。オークスだけ走れば勝てると踏んで、おとなしく本命で。

 

相手が難解ですね。とりあえず人気は③サトノダイヤモンド⑪スワーヴリチャードの2頭ですが、サトノダイヤモンドは前走勝ってはいますが、その前の宝塚記念も追ってから伸びが今一つに感じます。長い直線で脚の使いどころが心配。スワーヴリチャードは前走の出遅れ以降、ちょっと調教が消極的な感じがします。本来、府中の2400はベストな条件だと思うんですがね。中途半端に終わる可能性もありそう。

 

ということで、ここはそれ以外の馬が2着に飛んでくるんじゃないかと睨みました。三連単フォーメーションで1着はアーモンドアイですが、2着はちょっとひねって、⑤ミッキースワロー⑥サンダリングブルー⑧キセキ⑨シュヴァルグランを指名したいです。

 

⑤ミッキースワローは瞬発力のある馬。春の大阪杯でも見せ場は作りました。乗り方ひとつな気がします。横山の一発がはまれば。⑥サンダリングブルーはなかなか面白い招待馬です。あまりカナディアンインターナショナルからジャパンカップというローテーションで好走した馬はいませんが、明らかにジャパンカップ狙いであることは確か。切れ負けするかどうかですが、こればっかりは走ってみないとわかりません。⑧キセキは本来はこのくらいの距離がいい馬。あとは折り合いひとつ。昨年の覇者・⑨シュヴァルグランは、前走は休み明けとしてはまずまず。叩き良化型で、今回はサトノダイヤモンドを逆転するんじゃないかと踏みました。であれば当然馬券圏内。

 

三連単フォーメーションで1着①アーモンドアイ固定、2着に⑤ミッキースワロー⑥サンダリングブルー⑧キセキ⑨シュヴァルグラン、3着はこの4頭に③サトノダイヤモンド⑪スワーヴリチャード、さらに⑭ウインテンダネスの粘りまで加えて。

 

  • 三連単フォーメーション ①→⑤⑥⑧⑨→⑤⑥⑧⑨③⑪⑭
  • 勝負度 ★★★☆☆