2018・京都新聞杯、メイショウテッコンの持久力が京都外回りで生きる◎

2018・京都新聞杯、メイショウテッコンの持久力が京都外回りで生きる◎

関西のダービー最終便、京都新聞杯。時折本番にも直結するこのレースですが、今年はなかなか未知のメンバーと言えるかも。この中で本命は人気薄の⑥メイショウテッコンにしました。

 

前走の若葉Sはスタート直後につまずいて、道中最後方の競馬になって参考外。体重も二桁のマイナスでしたし、無理はしなかったのかも。それにあくまで狙いはこの京都新聞杯のような気がしてます。2走前の梅花賞は理想の展開になったとは言え、青葉賞2着のエタリオウに勝利。あのレースを見ると、バテないタイプで小回りより外回りコースの方が合いそう。京都の2200は合うはず。3走前のように内で包まれると良さが生きないですが、逃げるか少し外目で先行できるならチャンス。4コーナーで先頭か、先頭に並びかける形が理想です。イメージとしては、2013年にキズナの2着だったペプチドアマゾンみたいな走りを期待したいです。

 

買い方に悩みましたが、ワイドで総流ししてみようかなと思ってます。大穴は⑭アールスター。走るたびに馬が良くなってきて、前走抜け出す時の脚はなかなかよかったです。母父サツカーボーイですから、これも京都の外回りで穴の匂いがします。

 

①フランツはまだ馬が出来上がっていない感じなので不安ですが、能力はあります。②グローリーヴェイズも同様。⑤タニノフランケルは、前走の内容を見ると大変な重巧者の可能性があります。実力なら⑦ケイティクレバーで本命も考えましたが、やっぱり逃げてこその馬な気がします。しかし雰囲気的には今回も逃げない気がするので相手候補まで。

 

ということで、メイショウが人気なさそうなので手広くいきたいです。メイショウとアールスターで来たらひっくり返りますね。馬連がすごいつくので100円買います。楽しみ。

 

ワイド ⑥-総流し

馬連 ⑥-⑭

自信度 荒れろ荒れろ。