2018・桜花賞回顧。アーモンドアイに脱帽。

2018・桜花賞回顧。アーモンドアイに脱帽。

桜花賞、アーモンドアイが鬼脚炸裂で見事に勝ちました。私はアーモンドアイがどうも不安で、ラッキーライラックとリリーノーブルの一点で行きましたから見事に玉砕です。正直、ここまで強いとは思いませんでした。規格外の勝利です。

 

自信に満ちあふれたレースぶり

シンザン記念からの休み明け、そして輸送前の馬体重発表からすると、かなりマイナス体重で出ると読んだんですけど、ふたを開けてみたらマイナス2キロ。レースでも大外から自信満々のルメールの騎乗で、ただただその強さに脱帽です。相当メンタルも強い馬なんじゃないでしょうか。上がりも一頭だけ33秒台、しかも33秒2。ペースも差し有利って感じの展開ではなかったですし、これはもうすごいと言うしかないです。今となって見るとシンザン記念からの直行も、陣営の自信があったからこそなんでしょうかね。

 

ラッキーライラックはパーフェクトだった

ラッキーライラックはみなさんも感じているでしょうが、ほぼ完璧なレースをしました。何も文句のないレースでした。それであっさり差されてしまいましたから、これは敗因とかはなにもなくて、アーモンドアイが飛び抜けて強かったというしかありません。馬場もどちらかと言えば内が伸びる馬場でしたからね。ラッキーライラックの完璧なレース運びが、アーモンドアイの強さを余計に際立たせます。リリーノーブルも伸びてはいましたが、アーモンドアイの脚とはさらに差がありましたね。2頭とも、この差をひっくり返すのはかなり難しいんじゃないでしょうか。オークスの2400が特別向いているようにも見えないですし。

 

「あの馬」以来の衝撃

個人的に今回の勝ち方は、牡馬クラシックですがドゥラメンテが勝った皐月賞に近い衝撃でした。最後の直線も、ドゥラメンテが直線抜けて来た時を思い出します。何年に一度かの名牝になるかもしれません。次はオークスでしょうが、ロードカナロア産駒とは言え関係ないでしょうね。むしろダービーも…なんて願望を持ってしまいます。

 

今後、どうしても気になってしまうのは、マイナスを続けている体重ですけどね。ただこれくらいがベストなのかもしれません。もう完成されている馬だとしたら、このくらいキープで大丈夫なのかも。ひとまず今回は、アーモンドアイの強さにお手上げの桜花賞でした。