2022 閃光スプリント(船橋)予想→13連勝へキモンルビー◎ 穴はビヨンドボーダーズ☆

2022 閃光スプリント(船橋)予想→13連勝へキモンルビー◎ 穴はビヨンドボーダーズ☆

閃光スプリント(A2・習志野きらっとスプリントTR) 5月6日 船橋 ダート1000米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

⑦キモンルビー御神訓55

一線級が揃った船橋記念を勝ってしまいました。破竹の12連勝。メンバーも頭数も手薄で逆らえないですね。

嵌まれば一発

なし

キモンルビーを逆転できそうな馬は見当たらないですね。

安定・堅実型

④ブンロート真島大57

1回キモンルビーとクビ差の勝負もしたことがありますが、あくまで対抗馬という感じ。

展開次第で複勝圏

②ファイナルキング左海誠57
③スウィングビート本田重57
⑤エラスムス今野忠57
⑥ハクアイブラック矢野貴57
⑧ビヨンドボーダーズ山林信53

②ファイナルキングにはもう少し頑張ってほしいんですけどね。復帰後が冴えないですし、まずは出脚が戻らないと厳しいかも。他の馬はうまく流れに乗って2着3着を拾えればという感じ。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

①ナガタブラック伊藤裕57

相変わらずのスタート。一時の鬼脚も見られないですし厳しいでしょう。

逃げ・先行候補

  • ④ブンロート
  • ⑦キモンルビー

枠の並びを考えると④ブンロートが逃げ。⑦キモンルビーはぴったりマーク。プレッシャーをかけつつの番手追走で、④ブンロートがどれだけ踏ん張れるかですね。

見解

ひとまず⑦キモンルビー。船橋記念はカプリフレイバー・コパノフィーリング、そしてルーチェドーロを下しての1着ですからね。55キロと斤量は増えるものの、この相手なら勝たないといけないでしょう。1000も2戦2勝で問題ないですしね。13連勝有望。

おそらく離れた2番人気は④ブンロートでしょうが、こちらはちょっと格落ち。びっしりキモンルビーにマークされると、元々最後ちょっと甘くなるタイプですし取りこぼしもありそう。クロフネ産駒だと1000も微妙に忙しいかなって思います。

そこでちょっと穴で狙ってみたいのは⑧ビヨンドボーダーズ。こちらは完全に格下ですが、その分斤量は53キロと有利。だいぶ前ですが船橋記念でアピアの2着に入った馬。休み明けだった前走の浦和は、いい手応えだったものの勝負所でインが詰まって下がる不利。あれなら状態はだいぶ持ち直している感じですし、今回は船橋記念と同じ船橋1000。連闘で大駆け期待。

ここは馬連・ワイドで⑦キモンルビー⑧ビヨンドボーダーズで見学。外枠での好走も多い馬ですからね。山林堂の一発を待ちます。

馬連・ワイド ⑦-⑧

勝負度 ★★☆☆☆