2022 駿麗賞(船橋)→先行安定ブリッグオドーン軸◎ 単穴はギャルダル▲

地方競馬

駿麗賞(A2B1一) 2月17日 船橋 ダート1800米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

なかなかの好メンバー。A2B1ですが、オープン・重賞級のレベルにありますね。地力は必須。

嵌まれば一発

④ギャルダル御神訓57.5
⑬レッドフレイ森泰斗57.5

④ギャルダルは1番人気だったダービーグランプリで大敗。今回は地元の1800ですから見直したいところ。⑬レッドフレイは7歳ですがまだキャリアは浅い馬。前走の南関移籍初戦を快勝。ただここは距離延長・相手強化・初ナイターと少し課題は多いですね。

安定・堅実型

②ブリッグオドーン本田重57.5
⑪ブラヴール石崎駿57.5

②ブリッグオドーンは前走キタノオクトパスにやられましたが、3着以下には6馬身差。詰めは甘いですが先行して堅実。この斤量でも。⑪ブラヴールは前走こそ不発でしたが、だいぶ末脚が戻ってきました。3走前に船橋1800で快勝。同じ舞台のここは目が離せないところ。

展開次第で複勝圏

③リーチ本橋孝57.5
⑤イリオン山崎誠57.5
⑥サヨノグローリー町田直57.5
⑦ジェミニズ安藤洋57.5
⑨メイショウマトイ和田譲57.5
⑫ゴーマイウェイ藤本現57.5

⑥サヨノグローリーは浦和の1500あたりがベストかも。船橋1800だとちょっと乗り辛そう。⑨メイショウマトイは移籍2戦目の金盃がある程度頑張りました。連闘でどこまで上積みがあるか。その他の馬は、上位に空席があればギリギリ食い込みまであるかなというところ。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

①キャッスルクラウン仲野光57.5
⑧カレンカカ張田昴57.5
⑩クラトリガー酒井忍55.5
⑭ヤマショウブラック伊藤裕57.5

この相手だと嵌まっても上位進出までは難しいかも。②ブリッグオドーン⑥サヨノグローリー⑪ブラヴールの前に入るのは大変でしょう。

逃げ・先行候補

  • ④ギャルダル
  • ②ブリッグオドーン
  • ③リーチ
  • ⑧カレンカカ

先行馬不在ですが、逃げ切り圧勝が2回ある④ギャルダルが状態次第でハナを取るかも。最近の内容や枠を考えると包まれたくない②ブリッグオドーンも前々。ペースはたんたん。

見解

目下の充実度と安定感・コース適性を考えて、まず軸は②ブリッグオドーン。前走移籍初戦のキタノオクトパスには負けたものの、後続のコパノジャッキー・リッカルド・ラインカリーナには1秒以上の差。良血馬が本格化してきた感じですし、ここは内枠からすんなり先行できそう。最後何かにやられるかもしれませんが、馬券圏内の信頼度は高いと見て、ここはまず中心に考えたいですね。

三連複フォーメーションで、1頭目②ブリッグオドーン、2頭目に④ギャルダル⑪ブラヴール、3頭目はその他③リーチ⑤イリオン⑥サヨノグローリー⑦ジェミニズ⑨メイショウマトイ⑫ゴーマイウェイ⑬レッドフレイへ。⑪ブラヴールは末脚と地力を評価。怖いのは④ギャルダルですね。前走さえ度外視すれば4歳世代の中では上位の存在で、過去に船橋で逃げて圧勝が2度あり。この相手ならハナもありそうで、休み明けで仕上がり次第ですが逃げ切りまでありそう。厚めに買って、単勝もおさえてみたいです。

⑬レッドフレイはどうなんでしょうね。いい馬だと思いますが、だいぶ前走と環境が違いますからね。人気になりそうですし、ここはあえて押さえに回してみます。

三連複フォーメーション ②-④⑪-④⑪③⑤⑥⑦⑨⑫⑬

単勝 ④

勝負度  ★★★★☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました