2021 船橋 短夜賞 予想→叩き2戦目のサトノプライムの切れ味◎ アンダーザスター・エメリミットの粘りこみも期待☆

2021 船橋 短夜賞 予想→叩き2戦目のサトノプライムの切れ味◎ アンダーザスター・エメリミットの粘りこみも期待☆

短夜賞(準重賞) 6月24日 船橋 ダート2200米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

準重賞ですが、残念ながら7頭立てとさみしい一戦。バリバリの重賞級もいないですが、ただその分混戦ではあります。

嵌まれば一発

③ストライクイーグル森泰斗57
④サトノプライム張田昴56

南関重賞3勝の③ストライクイーグルですが、8歳になってだいぶズブさが出てきましたね。よーいドンだときついかも。④サトノプライムは南関移籍2戦目。一年ぶりのレースを叩いて上積み期待。

安定・堅実型

②ブラヴール本橋孝56

昨年の3歳トップクラスの馬でしたが、ここに来てようやく復調気配。ただこちらもエンジンのかかりが遅いですからね。この距離がどう出るか。

展開次第で複勝圏

①アンダーザスター矢野貴54
⑤キングガンズラング真島大57
⑥エメリミット山口達56
⑦ハセノパイロ保園翔56

上位人気勢がそれほどパッとしないだけに、その他の馬でも十分間に合いそう。①アンダーザスターは格下ですが、矢野で54キロは魅力。⑤キングガンズラングは3年前の京成盃グランドマイラーズ勝ち馬。その後休養が重なりながら、ここに来て復活。一応距離実績もありますし、折り合っていければ。⑥エメリミット⑦ハセノパイロの東京ダービー馬2頭も意外性のあるタイプではありますし、流れに乗ると突然走ってしまうかも。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

なし

まったくノーチャンス、という馬はいないかも。展開が大きなカギを握ります。

逃げ・先行候補

  • ①アンダーザスター
  • ⑥エメリミット

それほど速い馬がいないだけに、最近先行できてはいないものの本来先行タイプのこの2頭が前につけていく感じ。ただ2200の7頭立て、ペースが遅くなるのは間違いないです。

見解

船橋の長距離戦・2200メートルで初めての準重賞。ただこのメンバー・頭数を見るとペースが上がるとは思えず、ここはスローの決め手勝負になりそうな予感。それなら中心は休み明けを叩いた④サトノプライムで行きたいです。

1年の長期休養明けだった前走の移籍初戦は、途中から押し上げていきそうな場面を見せたものの最後は失速。ただ重賞でしたし、内容は可能性を感じるものでした。体重も17キロ増、そもそもマイルの距離も忙しすぎるタイプ。今回は叩かれて絞れてきそうですし、ベストに近い2200の距離。中央では36秒前後の末脚を繰り出していた馬、スローの団子状態からの決め手勝負でスパッと切れてくれることを期待します。

まず④サトノプライムの単。問題は相手ですが、どの馬も勝ち味に遅いタイプでなんとも言えませんね。ここはひとつ、先行しそうな2頭・①アンダーザスター⑥エメリミットの粘りこみに期待。人気もないでしょうしふらっと買ってみます。三連複・三連単フォーメーションで1着④サトノプライム、2着①アンダーザスター⑥エメリミット、3着はその他全流し①アンダーザスターは斤量の魅力だけ、⑥エメリミットは前々走くらい走れさえすればそれほど差はないはず。あとは前残りの展開になりますように。

単勝 ④

三連複・三連単フォーメーション ④→①⑥→総流し

勝負度 ★★★☆☆