2020 盛岡 OROターフスプリント 予想 ツーエムマイスターの3連勝期待◎ 大穴はラッキーバローズ☆

2020 盛岡 OROターフスプリント 予想 ツーエムマイスターの3連勝期待◎ 大穴はラッキーバローズ☆

南関東勢の芝適性分析が馬券の鍵

OROターフスプリント(重賞) 10月24日 盛岡 芝1000米

勝ち負け

④ツーエムマイスター岩本怜57さすが中央オープン馬の2連勝

嵌れば一発

①ケンガイア(船橋)山本聡55近走不振も盛岡芝相性良く
⑦マルパソ(川崎)高松亮55前々走の時計優秀芝適性次第
⑨ラッキーバローズ陶文峰57格下も芝適性は高く
⑩ウインオスカー(川崎)吉原寛57芝でも走れるスピードあり

安定型

⑤コスモペリドット酒井忍57前走末脚優秀ツーエム次第

展開次第で複勝圏

⑥スタークニナガ高橋悠57自分の時計は走れる
⑧ナリタスターワン村上忍57ツーエム速いが番手でも

危険な人気馬

なし

苦戦必至

②ガーシュウィン阿部英57単騎逃げが理想だが
③アリストレジェンド木村暁57前走同じ条件で完敗
⑪ケイエスソード(川崎)関本淳57芝1000の大外では

見解

地方では貴重な芝の1000重賞ということで、今年も他地区からの遠征馬が多数。昨年は1着~3着まで遠征馬が独占しましたが、今年は地元・岩手勢も強力。特に中心視されそうなのは④ツーエムマイスター

中央時代はオープンで逃げて時折馬券に絡んでいた馬。そのスピードを生かし、岩手に移籍してからは芝1000戦を2連勝。地方移籍後南関東のダートで苦戦していましたが、やはり芝でこその馬。2連勝の時計も上がりも優秀で、ここも他馬よりスピードで上。3連勝有力、まずは軸でいいでしょう。

相手候補は岩手勢では⑤コスモペリドット。移籍初戦の前走はツーエムマイスターには届かなかったものの、最後35.1の末脚を繰り出し2着。中央時代は1勝クラスの芝の短距離で安定。叩いた上積みもありますし、大きく崩れないはず。

あとは遠征馬がどこまでか。芝適性なら船橋の①ケンガイア。昨年もこのレースで2着。ただ昨年より相手が強く、近走不振で斤量も増える点が不安。それなら芝は未知数でも、1000戦を前々走で制している⑦マルパソ、そしてダートで中央オープン勝ちもある⑩ウインオスカーの川崎勢2頭が怖い存在。ツーエムマイスターの番手競馬で、そのまま流れ込みもありそう。

ここは④ツーエムマイスターのスピードを信頼して、頭固定の三連単フォーメーションで勝負。2着は⑤コスモペリドット⑩ウインオスカー、そして3着はその他①ケンガイア⑥スタークニナガ⑦マルパソ⑨ラッキーバローズへ。⑦マルパソ⑩ウインオスカーなら、やはり⑩ウインオスカーの方を上に取りたいです。唯一の中央オープン勝ちが芝スタートの中山のダート1200。芝にも対応できると見ました。

あとは3着のヒモ穴に期待。大穴は⑨ラッキーバローズ。中央時代は未勝利ですが、芝の短距離で堅実な競馬。前崩れなら大駈けもあるかも。

三連単フォーメーション ④→⑤⑩→⑤⑩①⑥⑦⑨

勝負度 ★★☆☆☆