2020 大井 東京スポーツ賞 仕分け予想 カレイドスコープ・セイジミニスター有力◎ 伏兵の台頭☆

2020 大井 東京スポーツ賞 仕分け予想 カレイドスコープ・セイジミニスター有力◎ 伏兵の台頭☆

6月5日 東京スポーツ賞 1200米

【勝ち負け】

なし

 

【嵌まれば一発】

②エンジェルパイロ⑤カレイドスコープ⑧エスシーエイト

 

【安定型】

⑥セイジミニスター

 

【展開次第で複勝圏】

①スティールペガサス⑦サウンドボス⑬ダノンフォワード⑭スマートモリガン⑮クリノタテヤマ⑯シンボリマティス

 

【危険な人気馬】

なし

 

【苦戦必至】

③リコーラモーヌ④ナイキアフォード⑨トチノペガサス⑩ユアマイラブ⑪ブルーミン⑫ミスルーア

 

見解

内から②エンジェルパイロ⑧エスケーエイト⑬ダノンフォワードが早めの競馬。特に⑧エスシーエイトは包まれたくないでしょうし、左海に乗り替わって積極的にいきそう。ペースは流れそうで、ある程度早いラップ・時計に対応できる馬がいいでしょうね。となればその後ろでしっかり走れそうな⑤カレイドスコープ⑥セイジミニスターが最有力です。

 

⑤カレイドスコープは前走クビ差で敗れましたが、相手も強かったですし時計も速く上々の内容。前々走で6着と伸び悩んでいますが、直線で2度前が詰まるところがあり仕方ないところ。まともなら前走や三走前くらい走って当然。馬券からは外せないでしょう。

 

⑥セイジミニスターの前走は半年ぶりのせいか、若干反応が悪く届かずの5着。それでも3着と差がなかったですし、最後はしっかりと伸びていました。前走の5着がデビュー以来最悪の着順。基本的に崩れない馬ですし、叩き2走目なら上積み十分。

 

ひとまずこの2頭がリード。ただどちらも勝ちきれないところがあるだけに、他の馬にも少しチャンスはありそう。候補は①スティールペガサス⑧エスシーエイト①スティールペガサスは前走終い良い伸びを見せましたし、今回54キロ。兵庫ジュニアグランプリで逃げて4着の実績があり、古馬相手でも最内をうまく捌けば。⑧エスシーエイトはとにかく行ききってしまえば強い馬。1200は初経験ですが、中央時代に1000の未勝利戦で2度2着があり適性はあるはず。久々に使い込めているので、一気に粘りこみもありえます。他にも3歳馬で52キロの②エンジェルパイロも人気になりそうですが、最後どうしても甘くなる馬。最後の叩き合いで苦しくなりそうな気がするので、ここは評価を下げたいです。

 

ここは馬単で①スティールペガサス⑤カレイドスコープ⑥セイジミニスター⑧エスシーエイトのボックス。中心は⑤カレイドスコープ⑥セイジミニスターの裏表ですが、少しずれてくれると面白いですね。良い配当になってくれることを祈ります。

 

馬単ボックス ①⑤⑥⑧

勝負度 ★★★☆☆