2020 川崎 クラウンカップ 仕分け予想 あえてマンガン中心◎ 穴でウタマロ・エメリミット☆

2020 川崎 クラウンカップ 仕分け予想 あえてマンガン中心◎ 穴でウタマロ・エメリミット☆

水曜の川崎は羽田盃へのステップレース・クラウンカップ。例年少し控えめなメンバーになりがちですが、今年はかなりの好メンバーが揃いました。注目は圧勝が続くグリーンロード。ストップをかける馬がいるかどうか、少し波乱を期待したい部分もありますが、ひとまず仕分けでチェックしてみたいと思います。

 

川崎 クラウンカップ 1600米

【勝ち負け】なし

グリーンロードが抜けている気もしますが、相手も強敵揃い。快速馬が多く、展開次第では大きく崩れるケースも考えておきたいです。

 

【嵌まれば一発】①インペリシャブル⑧グリーンロード

①インペリシャブルはデビュー4連勝。前走JRA相手のG1では厳しかったですが、自分の形に持ち込めば強い馬。休み明け初戦と同型との兼ね合い次第。⑧グリーンロードは出世レースのニューイヤーCで2着に2秒つけて快勝。5勝すべてが逃げ切りだけに、こちらも絡まれた時やハナに立てなかった時にどうなるかですね。

 

【安定型】⑤マンガン⑫ストーミーデイ

⑤マンガンはニューイヤーCではグレートロードに差をつけられましたが、上がりは最速。今回は地元川崎戦でハイペースが予想されるだけに、流れが噛み合えば。⑫ストーミーデイは軽快なスピードで大井の重賞で好走。好位で折り合いがつけばしぶとい馬。初の左回りがこなせれば。

 

【展開次第で複勝圏】②ヘブンリーキス③スマイルウィ④チョウライリン⑨ファルコンウィング⑩ウタマロ⑬エメリミット⑭ボンモマン

荒れるレースでもあるクラウンカップ。ペースとコース取り次第でどの馬にもチャンスが出てきます。③スマイルウィ⑥プリモジョーカー⑨ファルコンウィング⑬エメリミットの先行勢はなかなか厳しそうですが、内でうまく立ち回れれば複勝圏になだれこみも考えられそう。その他の馬たちは差しの展開が理想。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】⑥プリモジョーカー⑦マーヴェルクエスト⑪グランコージー

どちらも少し足りないかもしれません。

 

まとめ

今週の川崎は月曜に大雨。火曜水曜でどれだけ馬場が回復するんでしょうか。内有利か外有利か、なかなか読みづらいですね。そして同時に展開も難しそう。注目の⑧グリーンロードは同じ高月厩舎の①インペリシャブルとどう折り合いをつけるか。枠順的に①インペリシャブルを行かせて、⑧グリーンロードは今後に向けて番手競馬をさせるのかなと個人的に思いますが、下手に押さえると他の③スマイルウィ⑨ファルコンウィング⑫ストーミーデイ⑬エメリミットあたりが積極的に行って、揉まれる競馬になってしまうかもしれません。そうなると危ないですね。

 

ということで、どうなるかわからないので、一旦⑧グリーンロードの圧勝・惨敗は置いておいて馬券を買っていきたいと思います。中心は差しの⑤マンガンで。初の右回りだったハイセイコー記念以外は安定。前走の雲取賞も上がり2番目のタイムをマークして4着。今回は地元の川崎戦ですし、展開・枠順もハマりそうな予感。前崩れを願って本命にしたいと思います。

 

三連複フォーメーションで1頭目⑤マンガン、2頭目に⑧グリーンロードと⑩ウタマロ⑬エメリミット、3頭目にその他①インペリシャブル②ヘブンリーキス③スマイルウィ④チョウライリン⑨ファルコンウィング⑫ストーミーデイ⑬エメリミット⑭ボンモマンへ。⑩ウタマロはかなりの能力を秘めた馬。外目の中団からしぶとく走ってくれそう。⑬エメリミットはまだまだ難しい部分もありますが、ここに来てだいぶ安定して力を発揮できるようになりました。シンボリクリスエス×キングカメハメハ、斤量も2キロ減で、あとはリズムよく走れれば。ただ、あくまで⑧グリーンロード次第ではありますね。

 

三連複フォーメーション ⑤-⑧⑩⑬-⑧⑩⑬①②③④⑨⑫⑭

勝負度 ★★☆☆☆