2019 笠松 ゴールドジュニア 園田の王者・テンマダイウェーブ、笠松でも◎

2019 笠松 ゴールドジュニア 園田の王者・テンマダイウェーブ、笠松でも◎

木曜の笠松の重賞は、3歳馬の伝統の重賞・ゴールドジュニアが行われます。今年は勢いのある馬に加えて、他地区からの遠征馬も混ざりましてなかなか面白いレースになりそう。私の本命は兵庫の⑩テンマダイウェーブにしました。

 

新馬から4戦して勝てなかった馬が、5戦目の兵庫若駒賞で一変。未勝利の身で重賞を快勝すると、その後も2連勝して目下3連勝中。レース内容も勝ち星を重ねるごとに力強さを増しています。馬体も一回り大きくなっていますし、何かカツゲキキトキトが3歳時に急激に強くなった時を思い出します。キトキトレベルの強さかどうかはまだわかりませんが、ひとまずこの東海地区の重賞で通用する力はあると思ってます。ここ2レースは逃げ切ってますが、本来は番手でも大丈夫ですし、大外枠を引いたのは味方になりそう。他の東海勢より距離実績があるのも有利。あとは渡瀬がソツなく慌てずに乗ってくれれば。

 

相手はまず⑥ブライアンビクター⑧サウスグラストップの笠松勢で。2頭とも今伸び盛り。脚質的にもそう崩れなさそうです。もう一頭、名古屋の⑦ゴールドリングも圧勝続きで勢いがありますが、相手が軽かったのは間違いないですし、今回は展開的に他の馬の目標になってしまいそう。遠征、距離延長と不安要素が多く、思い切って消したいと思います。⑨ボルドープラージュはここに来て底が見えてきたかもしれません。ずっと使い詰めできているだけに、こちらも評価は控え目にします。

 

それであれば、テンマダイウェーブには負けていますが、園田の③オオエフォーチュンの末脚が展開的に魅力。テンマダイウェーブが強く勝てば、ブライアンとサウスはきつくなるでしょうし、そうなれば必然的に園田のレベルが高いということになってきます。前走は少し前に行き過ぎた感じもあるので、後方で脚をためて、3コーナーあたりでひとまくりならチャンスありそう。

 

三連単フォーメーションで、1着を⑩テンマダイウェーブ、2着を⑥ブライアンビクター⑧サウスグラストップ③オオエフォーチュン、3着にその他に⑨ボルドープラージュと相手なりに走る④サノオーソも抑えます。一応、テンマダイウェーブを2着にして、1着をブライアンとサウスに入れ替えた三連単も買いたいです。ゴールドリングに人気がかぶってくれるといいですね。ゴールドリングに勝たれたらお手上げですが。

 

  • 三連単フォーメーション ⑩→⑥⑧③→⑥⑧③④⑨
  •             ⑥⑧→⑩→⑥⑧③④⑨
  • 勝負度 ★★★★☆