2019 船橋 船橋記念 一騎討ちと見ました。

2019 船橋 船橋記念 一騎討ちと見ました。

今週の南関東重賞は、冬のスプリント決戦・船橋記念。ナイキマドリードの4連覇のイメージが強いこのレース、やはりコース実績は重視したいところ。私の本命はご多分に漏れず、⑤アピアでしょうがないと思います。

 

とにかく1000メートル戦では部類の強さを発揮するこの馬。今更取り上げるまでもなく、これまで1000メートルでは5戦5勝で、船橋では4戦4勝。中でも昨年の習志野きらっとスプリントは圧巻でした。出遅れから慌てず騒がずで内から徐々にポジションを上げ、直線は楽に抜け出し。休み明けだった前走も楽勝でした。万全の体制と見て◎。

 

相手も②クルセイズスピリツで固いのではないかと思ってます。その習志野きらっとスプリントの2着馬。前走のゴールドカップは浦和の1400という決してベストではない条件で、しかも58キロを背負いながら、2着とは僅差の4着と健闘。馬体も増えましたし成長も感じる内容でした。今回の問題は、テンの速さでは双璧の④ウェイトアンドシーとの逃げ争い。ただ、1000メートルの実績と枠順の内外の差、そして斤量差を考慮してクルセイズスピリツが上と見ました。

 

本来なら大外の⑪ドラゴンゲートが中央オープン好走の実績からあっさりがあってもいい存在ですが、今回は休み明けで状態が不安と見て軽視したいと思います。馬連で⑤アピア②クルセイズスピリツの1点で。ただ配当的には3倍前後というところ。短距離戦ですから紛れもあるでしょうし、勝負するにはリスクは高いですね。

 

  • 馬連 ②-⑤
  • 勝負度 ★☆☆☆☆