2020 船橋 クイーン賞 予想 堅実メモリーコウ◎ 末脚のアッシェンプッテル○

2020 船橋 クイーン賞 予想 堅実メモリーコウ◎ 末脚のアッシェンプッテル○

パールデュー魅力も先行争い激しいか

クイーン賞(G3・3歳以上・牝馬・ハンデ・1着賞金2100万円) 12月3日 船橋 ダート1800米

勝ち負け

なし

嵌れば一発

③パールデュー(JRA)丸山元51連勝軽量51キロで一発あり
⑧アッシェンプッテル(JRA)藤岡佑54末一手も上がりかかれば
⑨サルサディオーネ矢野貴55得意船橋行ってどこまで

安定型

④メモリーコウ(JRA)古川吉54安定したレースぶり続く

展開次第で複勝圏

①ラインカリーナ森泰斗54浦和移籍で仕切り直し
②ナムラメルシー川島正52大乱戦になればチャンスあり
⑤ステラモナーク(兵庫)藤本現51すんなりの展開なら僅かに
⑦サルサレイア西啓太51多少馬場慣れしてきた
⑫シネマソングス(JRA)池添謙53決め手欠けるが斤量利で

危険な人気馬

なし

苦戦必至

⑥アブソルートクイン今野忠51地元で堅実も時計不足
⑩ナラ(笠松)阪上忠51DGでは追走精一杯
⑪ペイシャゲラン(名古屋)中島良51地元で入着ギリギリで
⑬アンシンカブル(名古屋)福原杏51DGでは苦戦が妥当
⑭マルカンセンサー和田譲51若干調子落ちの印象

見解

伝統の牝馬限定重賞。ハンデ戦で地方馬の台頭も期待できるレース、この5年間も3着までに1頭は地方馬が食い込んでいます。さらに今年のメンバーを見ると中央勢のメンツが若干小粒。今年も軽ハンデ馬の一発には警戒が必要でしょう。

ひとまず中心は④メモリーコウ。今年一年は牝馬ダートグレード中心に使われ、これまで3着・2着・4着・2着。どのレースも安定した取り口ですし、相手も弱化して54キロならまず崩れないと見るのが妥当でしょう。まずは軸で考えたいです。

相手ですが、メンバーをざっと見ると前に行って一発を狙いたい馬がチラホラ。①ラインカリーナ③パールデュー⑤ステラモナーク⑨サルサディオーネ。特に⑨サルサディオーネは飛ばすでしょうから、ペースが落ち着くことはなさそう。ここは差し脚に期待して、⑧アッシェンプッテルを推したいです。

初の地方ですが、南関4競馬場の中では比較的大きな船橋ですから、浦和や川崎よりハードルは低いかなと思います。ここ3戦は牡馬も混じったオープンで後方からなかなかの末脚。今開催の船橋はなかなかパワーが必要な馬場で差しも決まりそうですし、ここは逆転まで考えたいです。

まずは三連単フォーメーションで1着2着をこの2頭の裏表で固定して流しが本線。そこから①ラインカリーナ②ナムラメルシー③パールデュー⑦サルサレイア⑫シネマソングス⑭マルカンセンサーまで。そしてこの軸馬たちを負かすなら⑨サルサディオーネの逃げだと思うので、最後にこの3頭の三連単ボックスを押さえます。おそらく④メモリーコウの方が人気になると思うので、⑧アッシェンプッテル頭の方が魅力的ですね。連勝中で51キロが有利の③パールデューも気になりますが、初の地方で内でごちゃごちゃした競馬になると不安です。ここは差せるオープン馬を重視して勝負で。個人的には兵庫の⑤ステラモナークに頑張ってほしいんですが、ちょっと展開的にきついですかね。応援はしてます。

三連単フォーメーション ④⑧→④⑧→①②③⑦⑫⑭

三連単ボックス ④⑧⑨

勝負度 ★★★☆☆