2023 船橋記念(船橋)予想→大外・53キロのティアラフォーカス◎

地方競馬

船橋記念(1着賞金1200万円) 1月18日 船橋 ダート1000米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

新春船橋のスプリント戦。昨年の砂の入れ替えで、例年に比べて時計はかかりそう。メンバーは主役不在で混戦模様。

嵌まれば一発

⑤コパノフィーリング森泰斗55
⑫ティアラフォーカス和田譲53

⑤コパノフィーリングは一昨年の習志野きらっとスプリント勝ち。1000以下の実績は豊富。あとは今の船橋の深い砂に対応できるかどうか。スタートも気になります。⑫ティアラフォーカスは初船橋の4歳馬。素質とスピードは重賞でも期待できるので、あとは外枠からどこまで頑張れるかですね。

安定・堅実型

①キモンルビー御神訓55

昨年の勝ち馬。トライアルもまずまずの内容。あとは最内を処理できるかだけ。

展開次第で複勝圏

④ミゲル達城龍55
⑧ブンロート本田重57
⑩カプリフレイバー笹川翼57
⑪モズアンビリバボー町田直53

④ミゲルは復帰後冴えないですが、一応新馬で勝っているコースなので、どこまで変わり身があるか。⑩カプリフレイバーは本来なら1番人気になる馬ですが、ここのところ淡泊な競馬が続いてますからね。ただ見限らないとは思います。⑪モズアンビリバボーは差しに構えてどこまで。いい枠ではあります。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

②キャッスルトップ仲野光57
③コウギョウブライト池谷匠55
⑥マッドシェリー神尾香51
⑦ナガタブラック伊藤裕53
⑨ビヨンドボーダーズ山林信53

②キャッスルトップ⑦ナガタブラックはちょっと上向いてきましたが、まだまだ馬券内という感じではないですね。⑥マッドシェリーは船橋だと川崎ほどの力は発揮できてないですし、⑨ビヨンドボーダーズも昨夏ほどの勢いはなさそう。

逃げ・先行候補

  • ①キモンルビー
  • ⑤コパノフィーリング
  • ⑩カプリフレイバー
  • ⑫ティアラフォーカス

①キモンルビーは前走ボンボンショコラに先に行かれましたが、それでも速かったですからね。この相手でこの枠なら正攻法の競馬。⑤コパノフィーリング⑩カプリフレイバーが追走。外から⑫ティアラフォーカスも続いて、当然速い流れのまま直線。実力馬たちですし、多少速くなっても止まらないでしょう。

見解

実績馬たちは最近なかなか勝ち切れなかったり、抜けた存在はいないですからね。ここは明け4歳の勢いに期待して、⑫ティアラフォーカスでチャレンジ。この2戦を見ているとちょっと仕掛けどころが難しそうな馬で、その点一気に走り抜けられる1000メートル戦は向いていそう。初遠征ですが、4キロ減の53キロと大外枠が魅力。期待してみたいです。

単勝で⑫ティアラフォーカス。あとは馬連・三連複で①キモンルビー④ミゲル⑤コパノフィーリング⑧ブンロート⑩カプリフレイバー⑪モズアンビリバボーまで。1000戦ですからね。出負けとかがあれば着順は結構入れ替わりますから、馬券としてはそのあたりのサプライズを待ってみます。

単勝 ⑫

馬連流し ⑫-①④⑤⑧⑩⑪

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました