2022 兵庫ゴールドトロフィー(園田)予想→地元で悲願達成へ、イグナイター◎

地方競馬

兵庫ゴールドトロフィー(G3・指定交流・ハンデ・1着賞金3000万円) 12月21日 園田 ダート1400米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

JRA勢はなかなかお馴染みの面々。イグナイターが返り討ちにできるかどうか。ハンデ戦で難しい面はありますが、ある程度キャラ付けははっきりしているかも。

嵌まれば一発

③オーロラテソーロ(JRA)鮫島駿57.5
⑧イグナイター田中学57

③オーロラテソーロは今年クラスターCで重賞勝ち。どちらかと言うと1200のイメージですし、斤量もカギになりそう。兵庫⑧イグナイターは今年DGを2勝。この2戦もG1でまったく引けを取らないですからね。堂々と地元で主役。

安定・堅実型

⑨シャマル(JRA)川田58

チャンピオンズカップは初の1800でも崩れず掲示板。相手弱化で距離短縮なら、58キロでも崩れる感じはないですね。

展開次第で複勝圏

④オヌシナニモノ(金沢)吉田晃53
⑥サクセスエナジー(JRA)松山59

④オヌシナニモノは地方移籍初戦の園田が惨敗。太目でしたし、叩いて53キロで変わるかどうか。2020年の勝ち馬・⑥サクセスエナジーはさすがにいい時の切れはなくなってきましたが、それでも立ち回りひとつ。

危険な人気馬

①ラプタス(JRA)59

兵庫GTに3年連続登場。キャリア豊富ですが、過去2回ともスタートで後手。1枠で59キロだと、好勝負から大敗まで幅広くありそう。

苦戦必至

②ナラ(笠松)佐々世51
⑤ハナブサ廣瀬航51
⑦ミスティネイル(笠松)松本剛51
⑩イルティモーネ長谷駿51
⑪クレールアドレ(笠松)藤原幹51
⑫マイネルサーパス長尾翼51

⑤ハナブサでは瞬発力不足。勝負どころでJRA勢についていけなくなりそう。⑩イルティモーネは3年前本命にして2着に来てくれたのが懐かしいです。ただ当時のようなピリッとした脚はもう使えないですからね。

逃げ・先行候補

  • ①ラプタス
  • ③オーロラテソーロ
  • ⑧イグナイター
  • ⑨シャマル

先頭争いがちょっと難しそう。スタートが良かった馬がハナの形。①ラプタス③オーロラテソーロのどちらかがハナ、⑧イグナイター⑨シャマルが番手の展開が最有力。

見解

兵庫⑧イグナイターの凱旋勝利と見ました。南部杯・JBCと日本のダートの一線級相手に一歩も引けを取らない内容。今回は地元で57キロで走れるのは、JRA勢に比べて有利。何より早くからこのレース目標に調整されてきたでしょうからね。レースにも幅が出てきた今なら、強い競馬を見せてくれるはず。頭固定で行きたいです。

⑧イグナイターから三連単1着固定。①ラプタス③オーロラテソーロ⑥サクセスエナジー⑨シャマルへ。あとはいい組み合わせになることを祈ります。普通なら⑨シャマルですが、正直この秋は使い詰めですからね。斤量的にも甘くなる可能性はあるかも。その他の馬もクセモノ揃いですから、小さい園田コースをうまく回ってくれば着順は簡単に入れ替わるはず。JRAオープンだった④オヌシナニモノですが、この相手では53キロでも厳しいですかね。状態もまだまだな感じがします。

ひとまずイグナイターによる地元馬初の兵庫ゴールドトロフィー制覇に期待しましょう。そして東京大賞典のラッキードリーム参戦は今から楽しみでしょうがないです。

三連単1着固定流し ⑧→①③⑥⑨

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました