2022 麻生オープン(川崎)予想→格下でも順調なブラックパンサーとヴァヴィロフ☆

地方競馬

麻生オープン 12月15日 川崎 ダート1500米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

それなりのビッグネームはいますが、順調に使えていない馬たちばかりですからね。格下の馬たちは安定しているだけに、このへんの比較が焦点。頭数は少ないですが難解。

嵌まれば一発

②ジョーパイロライト藤本現55
⑤アディラート真島大57
⑥ベンテンコゾウ御神訓57
⑦インペリシャブル矢野貴57

②ジョーパイロライトは川崎のこのくらいの距離では安定。ただできれば逃げたいところで、展開がカギ。⑤アディラートはJRA実績なら上ですが、最近はちょっと地味な感じになってます。ここでもそう威張れる感じじゃないですね。⑥ベンテンコゾウは叩かれると一変するタイプですが、年齢的にそううまく行くかどうか。⑦インペリシャブルも休み明けで叩いてからな感じがします。

安定・堅実型

③ブラックパンサー森泰斗55

若干格下ですが、南関移籍後は安定。斤量差もありますし、ここも結果は出せそう。

展開次第で複勝圏

①サヨノグローリー藤江渉55
④ファルコンウィング本田重57
⑧ヴァヴィロフ笹川翼55

①サヨノグローリー④ファルコンウィングはどちらも強いですが、順調さは欠いてますからね。⑧ヴァヴィロフはオープン相手だとちょっと決め手が足りないでしょうが、実力馬のポカ連発があれば。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

なし

逃げ・先行候補

  • ④ファルコンウィング
  • ②ジョーパイロライト
  • ⑥ベンテンコゾウ

前走を見ると、出脚だけなら④ファルコンウィングはまだまだ健在。②ジョーパイロライトは控えそうですね。外からベンテン。1500ですし、ペースが落ち着くことはなさそう。

見解

実力馬たちがあまり順調ではないですからね。ここは③ブラックパンサーの決め手を素直に信頼してみたいです。馬券外になった大井はワンターンの上がりが速い競馬で持ち味が生きなかっただけ。4回コーナーのこの条件ならきっちり差してくるでしょう。

相手はこれも格下ですが⑧ヴァヴィロフ。やはり実力馬たちが不安でいっぱいですからね。川崎1500は走り慣れた舞台ですし、55キロなら馬券内にはまとめて来るんじゃないでしょうか。

三連複2頭軸で③ブラックパンサー⑧ヴァヴィロフから全流し。3頭目に何が入るか、人気のないところの食い込みをただ待つのみ。普通なら②ジョーパイロライトですが、④ファルコンウィングにハナを切られて包まれたりすると、中途半端なレースになる可能性もあります。叩いた⑥ベンテンコゾウあたりが一変して、だらだらっと馬券内に残ってくれないものですかね。

三連複2頭軸流し ③⑧-全流し

勝負度 ★☆☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました