2022 勝島王冠(大井)予想→堅実・叩き2戦目キタノオクトパスが軸◎ 未知の存在ショットメーカーと、右回りでもギガキング☆

地方競馬

勝島王冠(1着賞金2200万円) 12月8日 大井 ダート1800米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

なんでしょう、この鬼メンツは。新興勢力も結構いますし。ただこれだと大賞典のメンバーが手薄になりそうで、それもどうなんでしょうね。

嵌まれば一発

①ミヤギザオウ本田重55
⑦ショットメーカー藤本現53
⑫ギガキング和田譲57
⑬コズミックフォース石崎駿58
⑯ライトウォーリア矢野貴57

①ミヤギザオウは同じコースの羽田盃で勝利。イン差し炸裂のレースでしたし、内枠もこなせそう。⑦ショットメーカーも3歳でここに来て急上昇。底が見えないですし斤量も魅力。ただ乗り替わりはどうなんですかね。⑫ギガキングはダートグレード武者修行3連戦の後の一戦。南関相手なら当然上位ですが、ほぼ一年半ぶりの右回りがどう出ますか。⑬コズミックフォースは昨年の勝ち馬。当たり外れが大きな馬ですが、激走も十分あるでしょう。⑯ライトウォーリアは埼玉新聞栄冠賞で気持ちの良い逃げ切り。今回は楽に先行はできないでしょうが、番手も行けるはずで、外をうまく立ち回れば。

安定・堅実型

⑮キタノオクトパス張田昴57

休み明け初戦をきっちり勝利。ただ勝ちきれない部分は元々ある馬ですからね。

展開次第で複勝圏

④タイムフライヤー森泰斗57
⑧リンゾウチャネル安藤洋57
⑨スワーヴアラミス真島大59
⑩ゴールドホイヤー山崎誠58

いい脚が短い④タイムフライヤーは外だとアウトですが、内枠なら立ち回り次第。⑧リンゾウチャネルは今シーズン好調ですが、勝ち切るまではどうなんでしょう。⑨スワーヴアラミスは59キロが厳しいですが、今回は気楽な立場。⑩ゴールドホイヤーはムラですが、大井1800は羽田盃勝ちのコース。

危険な人気馬

②アランバローズ笹川翼57
③カジノフォンテン御神訓57

②アランバローズは復活してきましたが、今回は1800な上にマークもきつそう。③カジノフォンテンは充実していた昨年と比べると爆発力は不足。御神訓乗り替わりで変わり身があるかどうか。

苦戦必至

⑤パストーソ達城龍57
⑥ストライクイーグル今野忠57
⑪マムティキング西啓太57
⑭カイル町田直55

悪くない馬たちですがね。相手がすごいので。

逃げ・先行候補

  • ②アランバローズ
  • ⑯ライトウォーリア
  • ⑤パストーソ
  • ③カジノフォンテン
  • ⑮キタノオクトパス
  • ⑨スワーヴアラミス

②アランバローズ⑯ライトウォーリアの先行争いですが、スピードと枠順を考えればアランの逃げの形でおさまりそう。その後ろの先行勢も直線先頭に並びかけたいでしょうし、前半遅いとしても後半はロングスパート合戦に発展しそう。地力勝負必至。

見解

勝ち切れるかはわかりませんが、馬券内で信用できそうなのは⑮キタノオクトパス。休み明けの前走は辛勝でしたが、もともと大勝ちしないタイプ。巨大な馬ですし叩いての上積み十分、南関移籍後は着外なしの堅実派。信頼度は高いです。

理想は⑮キタノオクトパス複勝ですが、何倍つきますかね。3倍くらいつくならこれ一本でもいいかなという感じ。あとは馬連・ワイド・三連複で未知の魅力がある⑦ショットメーカーと、久々の右回りが課題ですが本来堅実な⑫ギガキングと少し絡めて。⑦ショットメーカーがここで良い競馬をするようなら、来年楽しみが膨らむんですが。⑫ギガキングも右回りがダメとは思えないので、圧勝だった報知グランプリCの再現期待。

複勝 ⑮

馬連・ワイド・三連複流し ⑮-⑦⑫

勝負度 ★★★☆☆

タイトルとURLをコピーしました