2022 ノースウインド賞(大井)予想→大井の短距離合うモズアンビリバボー◎

地方競馬

ノースウインド賞(A2二B1一) 12月5日 大井 ダート1200米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

抜けた存在はいませんし、臨戦過程もみんなバラバラ。状態ひとつな感じ。

嵌まれば一発

②ミチノギャング達城龍57
④ティアラフォーカス和田譲55
⑨モズアンビリバボー本橋孝55
⑩ロンドンテソーロ真島大57

②ミチノギャングはギシギシと接戦を演じていた馬ですから、本来なら格上。ただちょっと好調期間を過ぎてしまった感じもします。立て直されているかどうか。④ティアラフォーカスは3歳世代屈指のスプリンター。休み明けでどこまでやれるか。⑨モズアンビリバボーは前走結構強敵相手に見せ場十分。再度大井1200なら面白そう。⑩ロンドンテソーロはJRAオープンで逃げていたほどの快速馬。これも休み明けですが、距離短縮は一応プラスですかね。

安定・堅実型

⑧バーンフライ本田重57

前走叩き2戦目で変わり身を見せました。1200もこなせますし、確実に脚は使ってきそう。

展開次第で複勝圏

①ロードラズライト矢野貴57
⑨モズアンビリバボー本橋孝55
⑪モンサンラファータ笹川翼53
⑫イディオム橋本直55
⑬ミゲル西啓太57

実力はある馬たち。状態と流れが噛み合えば。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

③ブロンディーヴァ御神訓55
⑤ストームガスト東原悠55
⑥カプティフ藤本現55
⑦フォルトゥーレ鷹見陸52

この相手だとちょっと足りないかも。③ブロンディーヴァも善戦までかなという感じ。

逃げ・先行候補

  • ⑩ロンドンテソーロ
  • ③ブロンディーヴァ
  • ④ティアラフォーカス

ダッシュ力では抜けている⑩ロンドンテソーロがハナ。ウチの③ブロンディーヴァ④ティアラフォーカスはスタートが五分であれば2列目。速くなるかもしれませんが、そこまで攻防は激しくないかも。②ミチノギャングはインで脚をためる形。

見解

②ミチノギャングは状態が半信半疑、④ティアラフォーカス⑩ロンドンテソーロは休み明け。どれもあまり食いつけないんですよね。ここは前走いい脚を使った⑨モズアンビリバボーの外差し一撃に期待。

前走が53キロだったとは言え、負けた相手がブラックストーム・クルセイズスピリツで、カプリフレイバーには先着。上がり最速でしたし、見どころ十分の内容。大井では3回走って1勝・3着1回で、負けたのは1800の黒潮盃ですから、コース適性はかなりありそう。あとは乗り替わりの本橋孝が思い切って末脚を生かす競馬をしてくれれば。

⑨モズアンビリバボーの単と、馬連流し。①ロードラズライト②ミチノギャング④ティアラフォーカス⑧バーンフライ⑩ロンドンテソーロ⑪モンサンラファータ⑫イディオム⑬ミゲルと手広く狙ってみます。人気どころがどれも不安ありだと思ってますし、伏兵の台頭を密かに期待。移籍2戦目で最内・矢野貴の①ロードラズライトあたりの大駆け期待。

単勝 ⑨

馬連流し ⑨-①②④⑧⑩⑪⑫⑬

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました