2022 浦和記念(浦和)予想→小回り2戦目、ラーゴムが内をさばく◎

地方競馬

浦和記念(G2・指定交流・1着賞金) 11月23日 浦和 ダート2000米

ポジション仕分け

先頭グループ

⑤アイオライト(JRA)菱田裕56
⑦スワーヴアラミス真島大57
②ラーゴム(JRA)鮫島駿56
⑧エルデュクラージュ本田重56

⑤アイオライトがシンプルに逃げ。⑦スワーヴアラミスが積極的に番手。内②ラーゴム、外⑧エルデュクラージュが2列目。どの馬もすぱっと切れる脚はないですし、中盤から早めに押していきそう。敢えて一番決め脚がある馬を選ぶなら、②ラーゴムですかね。

中団内

④ケイアイパープル(JRA)藤岡康56
①タービランス笹川翼56△ 

④ケイアイパープルはひょっとしたらもう少し前目につけるかも。①タービランスは欲のないレースで、内々で展開と進路が開くのを待つ形。

中団外

⑩ランリョウオー本橋孝56
⑨タイセイドレフォン(JRA)Cデムーロ54

⑩ランリョウオーはJRA勢についていってどこまで頑張れるか。⑨タイセイドレフォンは外の中団から自由な競馬はできそう。

後方グループ

⑥クリノドラゴン(JRA)武豊56
③サンライズハイアー(金沢)吉原寛56 
⑪サバンナロード中島良56 

⑥クリノドラゴンは追い込みに賭けるだけ。

ペース予想

⑤アイオライトが逃げ。一見単騎ですが、途中から⑦スワーヴアラミスが積極的に動くはずで、中盤からのプレッシャーは結構ありそう。息の長い脚と、小回り適性がポイントになりそう。

見解

狙いは②ラーゴム。休み明けの白山大賞典で、勝負どころで置かれたものの最後しぶとく伸びて2着。ゴール前はよく伸びてましたからね。今回は叩き2戦目、さらに地方の小回りコースも2度目で上積みがいろいろとありそう。そしてなんと言ってもこの2番枠。そこまで団子にはならないと思うので、インの2列目・3列目で進んで、3コーナーからの坂をうまいこと下ってくれば。

②ラーゴムの単。そして馬連で②ラーゴムから、①タービランス④ケイアイパープル⑤アイオライト⑥クリノドラゴン⑦スワーヴアラミス⑧エルデュクラージュ⑨タイセイドレフォン⑩ランリョウオーへ。突き抜けた存在はいないですし、流れひとつでどの馬にもチャンスはありますね。④ケイアイパープルが強そうですが、そこはクセのある浦和2000。状態や立ち回り次第でまぎれもありそう。うまいこと人気薄が絡んでくれれば。

単勝 ②

馬連流し ②-①④⑤⑥⑦⑧⑨⑩

勝負度 ★★★★☆

タイトルとURLをコピーしました