2022 東京スポーツ杯2歳S(東京)予想→前々走評価してドゥラエレーデ◎ ダノンザタイガー・ハーツコンチェルトは前走微妙かも。

中央競馬

東京スポーツ杯2歳S(G2) 11月19日 東京 芝1800米

ポジション仕分け

先頭グループ

②シルトホルン大野55
①ロッククリークルメール55
⑦ドゥラエレーデムーア55

②シルトホルンは前走先行して快勝してますから、ここは逃げか番手。①ロッククリークも前々がいいでしょうが、ルメールなので無理せず。⑦ドゥラエレーデも出脚も出てきましたし、自然と好位ですかね。場合によっては逃げもありそう。

中団内

④ジョウショーホープレーン55
⑤フェイト福永55
⑥ダノンザタイガー川田55

ある程度出たなりでポジションは決まりそう。ジョッキーの並びを考えると、みんな脚をために行きそうですね。

中団外

⑩シルバースペード吉田豊55
⑧ハーツコンチェルト松山55
⑪タイセイクラージュ横山武55

外目から流す感じ。こちらも折り合い専念で無理はしないでしょう。

後方グループ

③ガストリック三浦55
⑨テンカノギジン戸崎55 

③ガストリックがどうなりますかね。まだかなり幼い馬ですし、スタート決まれば好位まで行ってしまう可能性もありますし。まったく読めませんが、馬混みは苦手っぽいので、普通なら後方グループですかね。

ペース予想

スローになりやすい条件ですが、今回は②シルトホルン⑦ドゥラエレーデがある程度出して行きそう。平均的には流れるんじゃないですかね。

見解

人気というか、前評判が高いのは⑥ダノンザタイガー⑧ハーツコンチェルト。前走の勝ち方も一見いいんですが、よくよく見るとどちらもレースレベル的にちょっと心許ない感じ。特にハーツの方は2着以降の馬が次のレースでことごとく凡走してますからね。迂闊に信用できない感じはあります。ここはひねって買いたいですね。

本命は⑦ドゥラエレーデ。デビュー前はかなり評判になっていた馬ですが、若さもあって勝ちきれず。やっと前走のダート戦で勝ち上がった感じで微妙にうつりますが、評価できそうなのは前々走の札幌の未勝利。勝ったドゥーラは次の札幌2歳S勝ちで、3着以下は5馬身差つけてましたからね。外から自分のリズムで走れそうですし、今回はライアン・ムーアにスイッチ。人気どころがモタモタしてくれれば、一発粘り込みもあるはず。

ここは⑦ドゥラエレーデの単と馬連流し①ロッククリーク②シルトホルン③ガストリック④ジョウショーホープ⑤フェイト⑥ダノンザタイガー⑧ハーツコンチェルト⑪タイセイクラージュまで。⑥ダノンザタイガー⑧ハーツコンチェルトはおさえ。⑤フェイトも飛び抜けている馬ではない気がしますし、伏兵の台頭十分。まだ若さ全開の③ガストリックがどんな走りをするか注目。高目待ち。

単勝 ⑦

馬連流し ⑦-①②③④⑤⑥⑧⑪

勝負度 ★★★☆☆

タイトルとURLをコピーしました