2022 白山大賞典(金沢)予想→小回り6回コーナーでブリッツファングの押し切り◎ 大井セイカメテオポリスの複勝圏突入もあり得そうです☆

地方競馬

白山大賞典(G3・指定交流・1着賞金2100万円)10月4日 金沢 ダート2100米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

JRA優勢ですが、セイカメテオポリスがいたりハクサンアマゾネスもいてなかなか面白いですね。日本テレビ盃と同じように、JRA3歳勢がどれだけやれるかも気になるところ。あとは金沢適性ですね。

嵌まれば一発

①カフジオクタゴン(JRA)岩田望53
④ケイアイパープル(JRA)藤岡康55
⑦ブリッツファング(JRA)池添謙55

①カフジオクタゴンはレパードSで完璧な勝利。斤量有利ですし、ここも立ち回りひとつですが金沢の内枠は微妙。④ケイアイパープルの前走は直前の乗り替わりが響いたかも。主戦の藤岡康に戻れば。⑦ブリッツファングは前走JDDはマークがきつかった感じ。兵庫CSが強かったですからね。小回りはプラス。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

③セイカメテオポリス(大井)本田重54
⑨ラーゴム(JRA)鮫島駿55

地方勢としては③セイカメテオポリスに期待するしかないですかね。相手なりに走れますし、流れが向けば一発もありそう。⑨ラーゴムはなかなか掴みどころがないですからね。初地方は不安ですが、すんなり好位なら。

危険な人気馬

⑥メイショウカズサ(JRA)松山弘58

昨年レコードでミューチャリーを撃破しましたが、理想は足抜きのいい馬場。昨年より斤量が3キロ増えて良馬場だと、早々にぱったり止まる可能性はあります。

苦戦必至

②トウショウデュエル吉田晃54
⑤ハクサンアマゾネス吉原寛52
⑧マイネルヘルツアス(愛知)大畑雅54
⑩ミスティネイル(笠松)松本剛52
⑪ネオアマゾネス藤田弘52
⑫ナラ(笠松)深澤杏52

金沢の女王・⑤ハクサンアマゾネスが初の白山大賞典挑戦。ただ過去2回の交流挑戦が完敗ですからね。ズブさも出てきてますし、勝負どころでついていけないかも。

逃げ・先行候補

  • ⑥メイショウカズサ
  • ⑦ブリッツファング
  • ⑤ハクサンアマゾネス

枠の並び的に⑥メイショウカズサが正攻法の競馬。⑦ブリッツファングはそれをマークして運べそう。⑤ハクサンアマゾネスも全力を出し切るべく積極的な競馬で馬群は縦長。どこまでブリッツファングがメイショウにプレッシャーをかけていくかですね。

見解

先日の日本テレビ盃でクラウンプライドがまずまずの結果を出しましたし、ここは⑦ブリッツファングに期待してみたいです。兵庫CSの勝ち方が良かったですからね。同じく1周半のこの舞台はあいそう。前走は足抜きのいい馬場が合わなかったのかも。おそらく良馬場でしょうし、メイショウを競り落として直線抜け出してくれるはず。

相手は最近の充実度と気楽に乗れる有利さに期待して、大井の③セイカメテオポリス。かなり気楽な立場ですし、54キロですからね。JRA勢がやり合うのを見守りながら、直線ちょい差しに期待。前走を見るとふわっと乗れる本田重と相性も良さそうですし、小回りもうまいタイプ。フィールドセンスに続く健闘を祈ります。

馬連・ワイドで③セイカメテオポリス⑦ブリッツファング。軸はワイドで、馬連はおまけな感じ。ブリッツファングが強い競馬で押し切ってくれるといいですね。あとは穴で⑨ラーゴムを加えた三連複。金沢のダートは比較的タイムが出ますし、芝ダート兼用のこの馬には合うかもしれません。あくまで他のJRA勢のポカ待ちですが、好位で気分良く走れれば。

馬連・ワイド ③-⑦

三連複 ③⑦⑨

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました