2022 ロータスクラウン賞(佐賀)予想→安定感抜群・高知ガルボマンボ◎ イカニカン・グローリーの差しと絡めます。

地方競馬

ロータスクラウン賞(3歳・四国九州地区交流・1着賞金500万円) 9月25日 佐賀 ダート2000米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

高知2頭は強力やっぱり強力。ただ佐賀もJRA移籍組がいてなかなか良さそう。比較が難しいレース。

嵌まれば一発

③ヴェレノ(高知)畑中信54
④テイエムハニーダン石川慎54
⑥イカニカン竹吉徹56
⑦グローリー加茂飛56

高知③ヴェレノは、うまく行くとガルボマンボに勝てるくらいの力はあります。ただ佐賀の内枠を克服できるかどうか。④テイエムハニーダンは移籍初戦の前走が大楽勝。体重増で調子も良さそうですが、今回は相手が大幅強化してますからね。⑥イカニカンは前走休み明けを叩いて明らかにここ勝負。佐賀ダービー馬の意地を見せるか。⑦グローリーは2月の東京の未勝利で大穴を出したのを覚えてます。佐賀移籍後は差し脚安定。

安定・堅実型

⑩ガルボマンボ(高知)林謙佑56

高知の2冠馬。簡単には崩れないタイプ。

展開次第で複勝圏

⑤ザビッグレディー飛田愛54

堅実には走る馬ですが、ここまで相手が揃うと決め手が頼りないですね。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

①テイエムヒッサーロ中山蓮56
②ホンニヨカ山口勲56
⑧ハナトップ金山昇54
⑨リュウノマキロイ川島拓56
⑪サンカハラ山下裕54

上位陣が結構崩れない馬が多いですからね。ちょっと難しそう。

逃げ・先行候補

  • ②ホンニヨカ
  • ④テイエムハニーダン

内枠の②ホンニヨカが先行、④テイエムハニーダンは番手。前半は距離も長いですしスロー。中盤あたりで④テイエムハニーダンは積極的に動きそう。それをめがけて高知勢や⑥イカニカン、⑦グローリーも追撃。長くいい脚を使わないと難しそう。

見解

まずは⑩ガルボマンボ。あまり崩れるところが想像できない馬。高知と佐賀のレベルを考えても、やはりこちらを中心に考えるのがベターかなと思いました。遠征競馬もJDDで経験して、特別馬体も減ったりしていないので問題ないでしょう。ひとまず中心ですね。

相手は6枠2頭、⑥イカニカン⑦グローリー。佐賀ダービー馬・⑥イカニカンは前走古馬相手のA級で1300戦。明らかに叩き台ですし、ダービーと同じ条件で一変まで。⑦グローリーはJRA1勝で末脚が武器。中盤で流れが速くなって、前の馬について行ってゴール前チョイ差しみたいな展開になるといいですね。

馬連で⑩ガルボマンボから⑥イカニカン⑦グローリー。あとは三連複フォーメーションで、ここから3頭目にその他③ヴェレノ④テイエムハニーダン⑤ザビッグレディーへ。⑤ザビッグレディーも前走イカニカンと同じA2を叩いての出走で、これも粘っこい馬ですからね。差し勢の不発でもあれば馬券的には面白そうです。

馬連流し ⑩-⑥⑦

三連複フォーメーション ⑩-⑥⑦-⑥⑦③④⑤

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました