2022 園田チャレンジカップ(園田)予想→1年ぶりのコウエイアンカ・ダノングッド2強対決◎ 3番手はフーズサイド☆

2022 園田チャレンジカップ(園田)予想→1年ぶりのコウエイアンカ・ダノングッド2強対決◎ 3番手はフーズサイド☆

園田チャレンジカップ(西日本交流・1着賞金500万円) 9月23日 園田 ダート1400米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

⑥コウエイアンカ大山真56
⑨ダノングッド(高知)多田誠56

昨年の1、2着馬が完全に2強と言って良さそう。

嵌まれば一発

なし

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

①ダノンジャスティス(高知)上田将56
②フーズサイド廣瀬航56
④ビナサクセス川原正56
⑧エイシンビッグボス下原理56
⑩マリター田中学56

あくまでダノングッド・コウエイアンカの次の存在でしょう。

危険な人気馬

⑤メイプルグレイト吉村智56

差しタイプの多いレースで、ここは吉村智も一発狙って積極策に出そう。ただダノングッドにとっては格好の目標になりますし、展開は厳しくなりそう。

苦戦必至

③メイショウヴォルガ笹田知56
⑦スマートアクシオン(金沢)藤田弘55
⑪サウスブルーグラス(金沢)田知弘56
⑫イルティモーネ長谷駿56

相手がかなり強力。ちょっと印は回らないですね。

逃げ・先行候補

  • ⑤メイプルグレイト
  • ①ダノンジャスティス
  • ⑧エイシンビッグボス

①ダノンジャスティスのハナもありそうですが、ここは吉村⑤メイプルグレイトが主張していきそう。ただ①ダノンジャスティスは同厩・同馬主のダノングッドの援護射撃で絡んで行くかも。重賞ですし、それなりのレースでは流れそう。

見解

⑥コウエイアンカ⑨ダノングッドの力はやはり抜けていると思います。昨年の1、2着で、着順は展開・コース取りの差という感じで力は互角。さらに⑥コウエイアンカはサマーチャンピオンで連対、⑨ダノングッドも春に黒船賞で3着。力はJRA重賞レベルに食らいつけるほどですからね。どちらもコース実績十分ですし、まずは2強と考えて良さそう。

そしてここに絡むなら②フーズサイドですかね。前走距離短縮であれだけ動けるとは思いませんでした。中距離のストップアンドゴー型のレースより、ずっと脚を使いっぱなしの1400の方が合うのかも。2強が前を掃除しての浮上が一番あり得そう。場合によっては2強の一角崩しまで考えたいです。

三連複で⑥コウエイアンカ⑨ダノングッド②フーズサイド1点。あとは三連単でフーズサイドの2着固定もちょっと遊びで買います。オッズがどうなりますかね。しょっぱくなりませんように。ほんのり甘くなりますように。

三連複 ②⑥⑨

三連単2着固定流し 2着②→⑥⑨

勝負度 ★★☆☆☆