2022 文月特別(浦和)予想→ブラックパンサー有力で、相手は岡村健ナンヨーオボロヅキ☆

地方競馬

文月特別(B2二)7月18日 浦和 ダート1400米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

力の差はありそうなメンバー。上位拮抗。あとは馬場が気になりますね。

嵌まれば一発

②モリデンアロー保園翔56
⑦ミコノスフレイバー笠野雄56

②モリデンアローは前走強敵相手にもしっかり3着。⑦ミコノスフレイバーはこのところ自分の競馬に持ち込んで連勝。再度同じような展開に持っていけるか。

安定・堅実型

⑥ブラックパンサー本橋孝56

前走苦しい位置から強襲して勝利。浦和では3戦3勝。叩いた上積みも大きいですね。

展開次第で複勝圏

③ナンヨーオボロヅキ岡村健54
⑤マリアルージュ室陽一51
⑨シャイニー川島正56

若干インパクト不足ですが、流れが噛み合えば馬券内まで。

危険な人気馬

⑧グリーンロード増田充56

一昨年、南関のクラシック候補とまで言われた馬。ニューイヤーカップでマンガンを2秒ちぎった馬ですが、ここは2年ぶりのレース。まずは試運転でしょう。

苦戦必至

①カミノアカネ岡田大54
④ケイティーセキトバ中島良52

相手が強そうですね。④ケイティーセキトバの不意打ち一発はちょっと怖いですが。

逃げ・先行候補

  • ⑦ミコノスフレイバー
  • ②モリデンアロー
  • ⑤マリアルージュ
  • ⑧グリーンロード

前走1000を使っている⑦ミコノスフレイバーがダッシュ力上位。②モリデンアローは控えることもできるので、ハナかインの2列目を取りたいところ。⑧グリーンロードも本来ならダッシュ力はあるはず。ある程度流れて、⑥ブラックパンサーにはいい展開。

見解

まずは叩かれた⑥ブラックパンサー。前走苦しい位置から大外一気、すいすい逃げていたコウユーモテモテを差したのは評価できます。ここは速い馬も多く流れは向きそう。浦和は3戦3勝、まだまだ出世も見込めると踏んでまずは軸ですね。

相手で期待したいのは③ナンヨーオボロヅキ。高知で活躍して、南関移籍後は一時スランプでしたが、ここに来てすっかり安定。前走の休み明け初戦も結果を出しましたし、この枠ならインで岡村健がロスなく立ち回りそう。配当も手頃ということで、対抗に指名したいです。

馬連・ワイドで⑥ブラックパンサー③ナンヨーオボロヅキ。それから三連複2頭軸で、④ケイティーセキトバ⑤マリアルージュ⑨シャイニーに軽く流して好配当狙い。②モリデンアローが普通なら上位ですが、今回久しぶりに内枠なのと乗り替わりが怖いところ。甘くなれば差しも間に合うかも。④ケイティーセキトバあたりはよくわかりませんからね。乱戦になれば。

馬連・ワイド ③-⑥

三連複2頭軸流し ③⑥-④⑤⑨

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました