2022 小倉大賞典(小倉)予想→イン差し注目!条件揃ったヴァイスメテオール◎カデナ○

2022 小倉大賞典(小倉)予想→イン差し注目!条件揃ったヴァイスメテオール◎カデナ○

小倉大賞典(G3・ハンデ) 2月20日 小倉 芝1800米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

抜けた存在はいないですね。今年も混戦。

嵌まれば一発

④ノルカソルカ勝浦54
⑦カデナ泉谷57.5
⑧ヴァイスメテオール丸山55
⑫ランブリングアレー藤岡康55.5
⑯アリーヴォ横山和54

④ノルカソルカは逃げてしぶとい馬。重賞でも54キロですいすい行ければ。⑦カデナは2020年の勝ち馬。前走初ダートで好走。時計のかかる芝は合いそうですね。⑧ヴァイスメテオールは菊花賞から一気に距離短縮。この条件なら一変もあるはず。⑫ランブリングアレーはこのところG1・G2中心。ハンデは背負いましたが、相手には恵まれてますね。⑯アリーヴォは菊花賞7着。4勝のすべてを小倉であげていて、条件は良いです。

安定・堅実型

⑤ダブルシャープ酒井学56

小倉では安定。あとは重賞でワンパンチ効くかどうか。

展開次第で複勝圏

①アールスター長岡56
②ヴェロックス菱田56
③レッドフラヴィア津村52
⑥スカーフェイス団野55
⑩スーパーフェザー浜中54
⑪アイスバブル水口54
⑬サトノアーサー荻野極57
⑮ブラヴァス西村淳57

①アールスター②ヴェロックス⑬サトノアーサー⑮ブラヴァスなどのベテランたちもツボに嵌まれば。金杯2着の⑥スカーフェイス③レッドフラヴィア⑩スーパーフェザー⑪アイスバブルも軽ハンデですし、これはどれも切れないですね。困ります。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

⑨トップウイナー城戸54
⑭ジェネラーレウーノ柴山55

⑭ジェネラーレウーノはまたブリンカーをつけますが、まだまだ厳しい競馬が続いてますからね。なかなか食いつけないです。

逃げ・先行候補

  • ④ノルカソルカ
  • ⑨トップウイナー

④ノルカソルカが楽に行きたいところですが、⑨トップウイナーが玉砕気味に絡んで行く可能性もあり。ためていい馬場ではないでしょうし、ある程度みんな出していくはず。消耗戦の可能性もあり。

見解

だいぶ使い込んできた小倉。少し前までは外伸びでしたが、先週のレースなんかを見るとだんだん内外の差がなくなってきてる感じですね。一見外に回したいところですが、純粋に距離ロスにはなりそう感じですね。内を使えるパワー型の馬が狙い頃でしょうか。

まず狙いたいのは⑧ヴァイスメテオール。菊花賞でも本命にしましたが、結果的にはガス欠という感じでしたね。中距離で長くいい脚を使う馬で、すぱっと切れないので上がりがかかる競馬がベスト。さらに不良で勝った去年の1勝クラスも、快勝したラジオNIKKEI賞も、小回りの中山・福島で内を捌いてのもの。直線内が空きそうな今の小倉はかなり条件が合っていると思います。菊花賞の借りをここで返してくれるはず。

まず⑧ヴァイスメテオールの単と馬連流し①アールスター②ヴェロックス③レッドフラヴィア④ノルカソルカ⑤ダブルシャープ⑥スカーフェイス⑦カデナ⑩スーパーフェザー⑪アイスバブル⑫ランブリングアレー⑬サトノアーサー⑮ブラヴァス⑯アリーヴォと手広く。ハンデ戦ですからね。取りこぼしたくないので。ただこの中で一番気になるのは⑦カデナですね。

前走初ダートで好走。芝・ダート兼用となれば、今の時計のかかる小倉は良いでしょう。一昨年の勝利も内から外に出してから伸びて勝利ですし、同じイメージで乗ってくれれば。泉谷次第ですが、上がりがかかれば間に合うかも。最後にヴァイスメテオールとの三連複2頭軸で、残りの馬に流してみたいです。ちょっと勝負してみたいレース。

単勝 ⑧

馬連流し ⑧-①②③④⑤⑥⑦⑩⑪⑫⑬⑮⑯

三連複2頭軸流し ⑦⑧-②③④⑤⑥⑩⑪⑫⑬⑮⑯

勝負度 ★★★★★