2022 Brilliant Bell2200(船橋)予想→叩き2戦目、フィールオーケーの末脚◎

2022 Brilliant Bell2200(船橋)予想→叩き2戦目、フィールオーケーの末脚◎

Brilliant Bell2200(B1B2) 1月11日 船橋 ダート2200米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

メインレースではなく最終レースですが、クラス的には上なので取り上げてみました。有力どころはある程度絞れますが、ちょっと不安もある面々。

嵌まれば一発

①コバルトウィング森泰斗55.5
③ヒルノバーゼル澤田龍57.5
⑨スターライトブルー笹川翼57.5

①コバルトウィングはここ2戦がA2との混合で自分の競馬ができず。道中スムーズに走れるかどうかがすべて。③ヒルノバーゼルは前走シュプレノン相手にレコード勝ち。船橋2200で3勝は心強いところ。⑨スターライトブルーは浦和・川崎の2000以上で良績。前走はマイルでしたし、相手弱化のここなら一変の可能性大。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

②フィールオーケー矢野貴57.5
④キタサンヴィクター和田譲57.5
⑤オーケストラ張田昴57.5

ちょっと展開に注文がつきますが、有力馬が崩れればというところですね。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

⑥アドマイヤジョラス山崎誠57.5
⑦クラトリガー野澤憲57.5
⑧ホワイトパス町田直55.5

苦戦続き。⑦クラトリガーは前がつぶれればという存在ですが、今回は頭数も少ないですし、理想の展開にはなかなかならないかも。

逃げ・先行候補

  • ⑨スターライトブルー
  • ①コバルトウィング

⑨スターライトブルーが積極的。内枠の①コバルトウィングは包まれないレースをしたいところ。他にそれほど速い馬は見当たらないですし、ここは淡々と流れそう。

見解

①コバルトウィング③ヒルノバーゼルが人気でしょうが、どちらも自分の形に持ち込めないと危険なタイプ。⑨スターライトブルーも一見良さそうですが、斤量が2.5キロ増える分最後甘くなりそう。どれもハイリスクローリターンかなと思うので、ここは穴狙いで。期待したいのは②フィールオーケー

休み明け初戦の前走は太目、さらに忙しい不良のマイルで0.8秒差負けなら上々。叩いてこの距離なら一変可能。先行する①コバルトウィングや③ヒルノバーゼルの後ろで脚をためて、直線弾ければ一撃あるかも。

ここは②フィールオーケーの単複で見学。他の馬はどうしても惹かれないというか、決め手に欠けるんですよね。ここは絞って見守りたいです。あとは配当、複勝で3倍つかなければちょっと勝負は厳しいですかね。

単勝・複勝 ②

勝負度 ★☆☆☆☆