2021 ステイヤーズS(中山)予想→復調・横山武トーセンカンビーナの単・馬連流し☆

中央競馬

ステイヤーズS(G2) 12月4日 中山 芝3600米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

最近はアルバート・リッジマンのような生粋のステイヤーはいないですからね。この距離でどれだけ変わり身を見せられる馬が出てくるかですね。

嵌まれば一発

②ヴァルコス三浦56
⑤アイアンバローズ石橋脩56
⑥アドマイヤアルバ吉田豊56
⑧トーセンカンビーナ横山武56
⑩カウディーリョ大野56

②ヴァルコスは休み明けの前走を叩いて2戦目。テンに置かれるタイプ、長距離戦でいいポジションが取れれば。⑤アイアンバローズはオープン昇級後そこそこ人気になってますが、内容もそこそこ。ずぶさは感じるのでこの距離延長はプラスかも。⑥アドマイヤアルバは目黒記念での好走が光りますね。相手が弱化しているだけに注意。⑧トーセンカンビーナは叩き3戦目。スタートが遅くどうしても後手後手の競馬になりますが末脚は確か。昨年阪神大賞典2着、天皇賞・春5着。3000超えのレースに適性はありそう。⑩カウディーリョは札幌の2600で2着1着。小回りの長いところは向きそうですから、あとは追い比べで頑張りたいところ。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

⑦セダブリランテス石川裕56
⑨ボスジラ菅原明56
⑪ディバインフォース田辺56
⑬シルヴァーソニック内田博56

流れに乗ってどこまでというところ。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

①バレリオ津村56
③アスティ柴田善56
④マンオブスプリット戸崎56
⑫ゴースト鮫島駿56

スタミナがありそうな馬たちですが、馬券圏内に突入するにはある程度決め手も必要。善戦までかなという気もしますが、正直この距離ですし、走ってみないとわからない部分もあります。

逃げ・先行候補

  • ⑬シルヴァーソニック
  • ①バレリオ
  • ⑩カウディーリョ

一応並べましたが、正直どの馬もそこまでハナにこだわるタイプではないですね。大外枠でロスなく運びたい⑬シルヴァーソニックがハナを取りに行きそうですが、案外差し系の馬が思い切って行ったりするかも。緩急の効いたレースになりそう。

見解

今年は根っからのステイヤーが不在。なので展開も読めませんね。ちょっと出入りの激しい展開にもなりそうな気がします。となれば、ここは流れに翻弄されずに自分のペースで走っていける馬から買いたいところ。中心は⑧トーセンカンビーナ

脚部不安で長く休んでいましたが、一度叩かれた前走のAR共和国杯がまずまずの内容。外からなかなかの伸びで、2着のマイネルウィルトスとは0.3秒差。今回さらに状態が上がっていますし、昨年春に阪神大賞典2着・天皇賞・春で5着。3000メートル超えの長距離経験も豊富。人気も手頃で、鞍上に菊花賞を勝った横山武。ポジション関係なく、自分のペースに徹したレースをしてくれれば。

まず⑧トーセンカンビーナの単勝、そしてここは馬連全流しで高目を待ってみます。一応仕分けでいろいろ順番はつけたんですが、中山3600というトリッキーなコース。そもそも一長一短のメンバーですし、やってみないとわからないというのが正直なところ。理屈抜きで、面白い馬が飛んでくる展開を期待してみます。

単勝 ⑧

馬連流し ⑧-全流し

勝負度 ★★★☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました