2021 日刊ゲンダイ賞(船橋)予想→タイサイの連勝期待、ブリッグオドーン・ブラヴールの食い込み期待☆

地方競馬

日刊ゲンダイ賞(オープン) 12月3日 船橋 ダート2200米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

これはいいメンバーが揃いましたね。見所いろいろです。

嵌まれば一発

⑥ブラヴール石崎駿56
⑧タイサイ笹川翼56

⑥ブラヴールは前走でついに復活勝利。昨年春の勢いが戻ってくればここでも。⑧タイサイは中央オープンからの移籍初戦で強い勝ち方。今度は相手が上がりますが、突破も十分可能。

安定・堅実型

②サトノプライム張田昴56
④ブリッグオドーン本田重54

②サトノプライムは2000超のオープン特別なら抜群の安定感。ただ後ろから行くタイプだけに、今開催の船橋の前残り馬場がどう出るか。④ブリッグオドーンは相手なりに走りますし、54キロは有利ですね。

展開次第で複勝圏

③スギノグローアップ和田譲56
⑤トーセンブル本橋孝56
⑦チェスナットコート内田利56

南関長距離ではおなじみの面々。③スギノグローアップは久しぶりに単騎逃げでも打てれば。あとは前が止まってくれるのを待つ感じですね。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

①ヒラボクラターシュ岡村健59
⑨ブラックバゴ矢野貴56

①ヒラボクラターシュはかつての実績からここでは59キロを背負うはめに。移籍2戦もいいところがなく苦戦は免れないですね。

逃げ・先行候補

  • ①ヒラボクラターシュ
  • ⑧タイサイ
  • ③スギノグローアップ

逃げたい馬はそれほどいませんね。枠順的に①ヒラボクラターシュか③スギノグローアップか、それとも⑧タイサイが行ってしまうか。笹川次第。いずれにしろペースはゆったり。

見解

成績的に②サトノプライムが人気の中心でしょうが、出脚のないタイプですからどうしても後半勝負。今の船橋の前残りの馬場でどうでしょうかね。4走前の船橋2200も届きませんでしたし、決して切れ味があるタイプではなく間に合わない可能性も十分。ここは前残りを願って、⑧タイサイの連勝期待。

中央オープンでは切れ・スピードで負けていましたが、地方の舞台ならそのあたりを補えますね。前走はそれを証明した強い勝ち方。最後は余力十分でしたし、今回相手が上がっても通用するはず。押し切り期待。

ここは思い切って三連単で勝負。フォーメーションで、1着⑧タイサイ、2着②サトノプライム④ブリッグオドーン⑥ブラヴール、3着はその他③スギノグローアップ⑤トーセンブル⑦チェスナットコートへ。当然②サトノプライムが間に合わない展開になれば配当的に楽しくなりますね。④ブリッグオドーン⑥ブラヴールの4歳勢は、上がり時計だけなら②サトノプライムと台頭なはずなので、そのあたりに期待。②サトノプライムを内で閉じ込めつつ、脚をためられる展開になればいいですね。

そして最後に⑥ブラヴールの覚醒も警戒して、⑥ブラヴール→⑧タイサイの馬単も押さえたいです。ここで勝つようなら、いよいよ完全復活という感じなんですがね。

三連単フォーメーション ⑧→②④⑥→②④③⑥⑤⑦

馬単 ⑥→⑧

勝負度 ★★★★☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました