さくっと重賞回顧→2021 マイルCS 東京スポーツ杯2歳S ハイセイコー記念

さくっと重賞回顧→2021 マイルCS 東京スポーツ杯2歳S ハイセイコー記念

マイルCS

終わってみればグランアレグリアでしたが、展開的にはバシッと嵌まった感じ。かなりのスローを外で折り合って、かぶされることなく直線へ。あとは切れ味だけで抜け出して勝利。一方のシュネルマイスターは終始内で動けず。それで最後グランアレグリアと3/4馬身差なら、力関係は五分か、あるいは逆転しているかも。来年はこの馬中心でマイルは回っていくでしょう。

3着以下はそれほど力の差はなかったですかね。インディチャンプがまともなら普通に来ていたと思いますが、最後甘くなったのは仕上がりの問題。シュネルマイスター・ダノンザキッド・ホウオウアマゾンが上位に入って、サリオス・ダーリントンホールがその後ろ。3歳世代と4歳世代のレベルの差をまた感じました。

東京スポーツ杯2歳S

イクイノックス、これは強いですね。確かにアルナシームが制御不能になって途中でペースが上がったのがプラスになったかもしれませんが、最内枠でポジションが悪くなりながらも、落ち着いて後方待機から直線は一頭モノが違う脚。先行・差し自在、馬格・体のバランスも素晴らしいですし、本当にキタサンブラックを彷彿とさせますね。現2歳では一頭抜けているかも。

アサヒはだいぶ力関係の物差しになる馬になってきました。どの世代でも必ずこういうキャラクターの馬は現れますね。アルナシームはだいぶ難しい馬です。ただ体の小さい馬がプラス20キロで出走できたのはいい材料。あとはコントロールですね。面白い馬ではあると思います。

ハイセイコー記念

ママママカロニは内枠で出遅れ、最後大外に追い出されて届かず。不完全燃焼なレースでもありましたが、残念なことに最新情報ではレース後骨折も判明したようです。しばらく休養になりそう。全日本2歳優駿で見たかったんですけどね。個人的に1レース使うレースが多かった気もしてますが、因果関係はわからないですからね。

このレースでは2戦2勝だったジュンブルームーンも故障して予後不良となってしまいました。これもいい馬でしたから本当に残念です。勝ったのはノブレスノア。ペースを落としてそのまま押し切った形。2着が僅差でミゲル、3着にカイルと、トーセンさんが上位独占。ただスローでうまく流れに乗った馬が上位に流れこんだ内容で、レベルとしては高くない気がしますね。

これなら今年は門別勢の方が強いでしょう。シルトプレ・スティールルージュを見ても、今年の2歳は今のところ北海道優勢と考えていいかも。