2021 ラブミーチャン記念(笠松)予想→グラーツィア・エムティアンジュの2強、逆転ならドミニク☆

2021 ラブミーチャン記念(笠松)予想→グラーツィア・エムティアンジュの2強、逆転ならドミニク☆

ラブミーチャン記念(GDJ・2歳牝馬・全国交流・1着賞金500万円) 10月28日 笠松 ダート1600米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

①グラーツィア(北海道)田中学54

園田プリンセスカップを快勝。兵庫から田中学を再度起用、GDJへ必勝モード。

嵌まれば一発

④エムティアンジュ(金沢)栗原大54
⑨シャローナ岡部誠54

④エムティアンジュは門別からの移籍初戦で重賞制覇。前走も南関東のカイルには先着。1500までこなしていますし、ここでも有力。⑨シャローナは北海道時代にエムティアンジュに勝っている点は強調材料。ただ距離延長は微妙でしょう。

安定・堅実型

⑤ドミニク向山牧54

前走の上がり38.5はメンバーでダントツ。距離延長はプラスになりそう。

展開次第で複勝圏

⑩ナンジャモンジャ藤原幹54

笠松マイルの大外は不利。相手強化で厳しそうですが、勝負強そうですし一応未知の魅力はあります。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

②エイシンヌイトム加藤聡54
③アヤ尾崎章54
④ハーピーヴァルキリ丸野勝54
⑤ユーセイクインビー大畑雅54
⑥ハーピーヴァルキリ丸野勝54
⑦ベルマリオン大原浩54

成績的にあまり強調できず。

逃げ・先行候補

  • ①グラーツィア
  • ④エムティアンジュ
  • ⑨シャローナ
  • ⑩ナンジャモンジャ

笠松マイルの1枠で①グラーツィアはロスなく先行。④エムティアンジュは番手。⑨シャローナは前走の内容・そして枠順的にも折り合いをつけにいくはず。途中で⑧ドミニクがまくり。

見解

実績・レースぶりを見ると、やはり①グラーツィア④エムティアンジュは上位。①グラーツィアは前走が圧勝でしたし、枠も有利。④エムティアンジュは前走完敗でしたが、勝ったエンリルが強すぎただけ。カイルに4馬身差ならここでも胸を張れそうです。

そしてもう1頭絡むとすれば、秋風ジュニアでまくって見せた⑧ドミニク。勝ったシルバこそ捕まえきれませんでしたが、ただ1頭38秒台の脚を披露、あの内容を見ると今回の距離延長は追い風になりそう。有力勢がやりあえば逆転まであるかもしれません。

ここは三連単で①グラーツィア④エムティアンジュ⑧ドミニクのボックスで高目待ち。希望は当然⑧ドミニクの頭。どこまで2強に詰めよれますか。

三連単ボックス ①④⑧

勝負度 ★★☆☆☆