2021 ゴールド争覇(名古屋)予想→上がり勝負でトーセンレビュー・ダノングッドのまくり期待☆

2021 ゴールド争覇(名古屋)予想→上がり勝負でトーセンレビュー・ダノングッドのまくり期待☆

ゴールド争覇(全国交流・1着賞金600万円) 10月21日 名古屋 ダート1400米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

⑩トーセンレビュー(大井)岡部誠57

4回コーナーの1400で今年重賞2勝。春に東海桜花賞を制したコース。差し脚も堅実ですし、まずは馬券の中心になりそう。

嵌まれば一発

⑨メイソンジュニア戸部尚57
⑫ダノングッド(高知)多田誠57

⑨メイソンジュニアは中央時代芝でオープン級でしたが、東海に移籍してもオープン勝ちや東海桜花賞2着などの実績。ここは休み明けで仕上がり次第ですが、まともなら有力。⑫ダノングッドは園田チャレンジカップでもイン差しを決めて2着。今回初名古屋になりますが、ダメとは思えないですし、切れ味は上位でレースを逆算して戦えるのは強み。

安定・堅実型

⑤カツゲキキトキト丹羽克57

丹羽に乗り替わってから3連続2着。ちょうど調子を上げてきていたのもあるでしょうが、ここまで一変するとは驚きですね。全盛期の圧倒的な力は望めませんが、レース経験の豊富さは強み。

展開次第で複勝圏

③ブルーへスター丸山真57
⑥サンデンバロン大畑雅57
⑧コクシネル(兵庫)松木大57

うまく展開が向いて3着に飛び込めればというところ。③ブルーへスター⑧コクシネルは前が止まれば。善戦マン⑥サンデンバロンは叩き良化型で休み明けが割引ですが、仕上がりが良ければ食い込む力はあります。

危険な人気馬

⑪ドンフォルティス(川崎)加藤聡57

北海道2歳優駿勝ち、南関東オープンであればここでも力は上位なはずですが、やはり全盛期のパフォーマンスはできない現状ですし、メンタル面でも難しそう。テン乗りの加藤聡がコントロールできるかどうか。

苦戦必至

①マイネルズイーガー(笠松)渡邉竜57
②ユウチャージ村上弘55
④コパノライダー丸野勝57
⑦ダンサクドゥーロ(大井)千田洋57

ちょっと厳しいですかね。①マイネルズイーガーの笠松でのオープン2着も、あまり評価はできないです。

逃げ・先行候補

  • ②ユウチャージ
  • ④コパノライダー
  • ⑤カツゲキキトキト

先行タイプの②ユウチャージ④コパノライダーはどちらも角田輝也厩舎。びっしりやり合うことはないはず。外から⑤カツゲキキトキトが追走して前はこの3頭。頭を抑える形になって、ゆったりとした展開になるかも。

見解

例えば兵庫のエイシンエンジョイやナチュラリーのような、はっきりとした逃げ馬が不在。やや格下の同厩舎の先行馬2頭が先導する形なら、ペースは落ち着くとみました。1コーナー過ぎまで団子状態で、そこから向正面に入って一気にペースアップ、となると、馬群の外から一気に上がっていける馬がいいかなと思いました。

狙いは⑩トーセンレビュー⑫ダノングッド⑩トーセンレビューは名古屋1400で春に東海桜花賞を勝っていますし、前々走の金沢スプリントカップもかなりの好メンバー相手に外からまくって差しきり。前走1200のアフター5スター賞を使っているのもこのレースに向けてプラスになりそう。反応良く動いてくれるはずで、あとは岡部誠にお任せ。⑫ダノングッドは切れ味ではここでも一番かなと思います。前走は深い園田のインをついてもきっちり伸びましたし、目下好調。ここでも一気にまくってくれるはず。

馬連・ワイドで⑩トーセンレビュー⑫ダノングッド1点。あとは三連複2頭軸で、③ブルーへスター⑥サンデンバロン⑧コクシネルといった穴馬へ軽く流し③ブルーへスターは前走も期待したんですが、今回は周りが逃げ先行馬なだけに、運良くインの2列目が取れれば。⑥サンデンバロンは仕上がり次第、⑧コクシネルは先行でも差しでも、松木が思いきった乗り方をすればちょっとチャンスがあるかも。

馬連・ワイド ⑩-⑫

三連複2頭軸流し ⑩⑫-③⑥⑧

勝負度 ★★★☆☆