2021 埼玉新聞栄冠賞(浦和)予想→好枠3歳馬トランセンデンス◎ エメリミットも再度注目☆

2021 埼玉新聞栄冠賞(浦和)予想→好枠3歳馬トランセンデンス◎ エメリミットも再度注目☆

埼玉新聞栄冠賞(1着賞金1200万円) 10月20日 浦和 ダート2000米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

賞金1200万円の重賞でありながら、南関東のトップクラスが揃いました。浦和記念・勝島王冠などこのあとのレースにつながる一戦。

嵌まれば一発

③フィアットルクス本橋孝58
⑥マンガン御神訓58

③フィアットルクスは南関東移籍後、初めての遠征競馬。左回りは未知ですが、クセのない馬ですからこなしそう。好枠ですしまともなら十分勝負になります。⑥マンガンは休み明けの東京記念を叩いて2戦目。使い込んで変わるタイプだけに、どれだけ上積みがあるかどうか。左回りはプラス。

安定・堅実型

②トランセンデンス森泰斗58
⑩タービランス笹川翼58

②トランセンデンスは混戦の戸塚記念でしぶとく2着。上積みもありそうですし、強い今年の3歳馬の力を見せるか。⑩タービランスは完敗だった大井記念以来ですが鉄砲は効くタイプ。去年の勝ち馬、馬券から外し辛い馬です。

展開次第で複勝圏

取消①ストライクイーグル真島大58
⑧ノーブルサターン町田直58
⑨エメリミット山口達58

①ストライクイーグルは年をとって安定をしてきた分、爆発力もなくなってきた感じ。うまく立ち回ってどこまで。⑧ノーブルサターンはブリリアントカップだけ走るとわかりません。⑨エメリミットは東京記念があわやの2着。ここも走るようなら本物。

危険な人気馬

⑦リッカルド矢野貴58

少頭数の準重賞をポンポンと3連勝してきましたが、ここは一気に相手が強くなりました。10歳ですし、今のこの馬にはちょっと距離も長いかもしれません。

苦戦必至

④キングガンズラング和田譲58
⑤トーセンブル石崎駿58
⑪ハイランドピーク本田重58
⑫チェスナットコート内田利58

オープンでは馬券内十分の馬たちですが、これだけ相手が強いと空き枠はないかも。

逃げ・先行候補

  • ⑨エメリミット
  • ③フィアットルクス
  • ⑦リッカルド
  • ④キングガンズラング
  • ②トランセンデンス
  • ⑩タービランス

とりあえず逃げるのはこれ、という存在はいませんね。一応⑨エメリミットが逃げタイプかなと思いますが、他の馬もスタート次第でハナもありそう。ただ小回り浦和ですし、包まれるのが嫌なタイプも多そうで、牽制し合いつつもペースは緩まないかも。

見解

ここはいいところを走れそうな②トランセンデンス中心。戸塚記念は休み明けで11キロ増だったことを考えればまずまずの内容。今回は地元・浦和戦ですし、距離が少しでも縮まるのはプラス。叩いて良くなるタイプで上積みも必至。外の③フィアットルクスは間違いなく出していくので、その後ろの内2~3列目に入れればかなり有利。あとは今年の3歳世代のレベルの高さに賭けます。

シンプルに②トランセンデンスの単勝と馬連流し。相手は①ストライクイーグル③フィアットルクス⑥マンガン⑨エメリミット⑩タービランスへ。力通りなら③フィアットルクス⑥マンガン⑩タービランスなんですが、③フィアットルクスは初浦和遠征で中央時代の中京以来の左回り、⑥マンガンはまだ本調子まで来てないかなとも思いますし、⑩タービランスも取りこぼしはありそう。そうなると次の候補は①ストライクイーグル⑨エメリミット。特に⑨エメリミットの走りは注目ですね。前走が強い内容でしたし、すいすい行ければ。

単勝 ②

馬連流し ②-①③⑥⑨⑩

勝負度 ★★★☆☆