ソダシ伸びず…さらっと重賞回顧→2021秋華賞 府中牝馬S

ソダシ伸びず…さらっと重賞回顧→2021秋華賞 府中牝馬S

秋華賞

ソダシは直線で失速。決してペースは速くなかったですし、2番手のポジションは一見最高だったんですが、道中の走りを見るとちょっと持っていかれ気味。メンタル面が微妙に影響しているかなという印象ですね。元々がためて切れるタイプではないだけに、ジョッキーとしては気持ちを押さえ込むように乗れないのが辛いところ。お母さんのブチコが現役時代、レースを使うたびに厄介になっていただけに、これから気持ちの面で心配。(レース後の談話で、歯が折れていたという情報も)

アカイトリノムスメが3冠の最後に母子制覇。外の好位から最高の競馬。2着ファインルージュ、3着アンドヴァラナウトと、ソダシ以外は実績上位の馬がしっかり走った感じ。ファインルージュはできればもう1列前で走りたかったですね。勝敗はポジションの差。アンドヴァラナウトはギリギリの体に見えましたが切れ味がすごいです。ユーバーレーベンはやはり狙いはエリザベスだと思いますね。レース全体としては落ち着いたレースだったと思います。

府中牝馬S

内がごちゃごちゃする展開。結局先行したアンドラステと、外からスムーズに回ったシャドウディーヴァとマルターズディオサが1~3着。最後はしぶとさで勝ったシャドウディーヴァが抜け出しました。

マジックキャッスルは外枠にもかかわらず、直線では内に飛び込んで、最後は揉まれこんでおしまい。ただ内をついたというよりは、外に出せるほどの脚がなかったからそのまま走ってきただけなのかも。太目が響いたんでしょうか。最後は追っていませんでしたし残念な競馬。アンドラステとマルターズディオサというヒモ同士での決着で、馬券は痛恨でした。