2021ハードビートサドル(船橋)予想→南関勢優勢、リュウノセンター◎ 穴はJRAの3歳勢とクラトリガー☆

2021ハードビートサドル(船橋)予想→南関勢優勢、リュウノセンター◎ 穴はJRAの3歳勢とクラトリガー☆

ハードビートサドル(準重賞・A2B1・JRA交流) 7月20日 船橋 ダート1800米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

準重賞のJRA交流。JRA勢は2勝クラスで今ひとつのメンバーで、基本的には南関東A2勢の方が上でしょうか。

嵌まれば一発

⑧リュウノセンター真島大57
⑩デジマノハナ町田直55

⑧リュウノセンターはA2の安定勢力。タイミングよく抜け出せば押し切りもあり得そう。⑩デジマノハナはここに来て連勝。中央時代から素質は高かった馬で、少なくともJRA勢よりは上なはず。

安定・堅実型

⑨カレンカカ張田昴57

少しずつ良くなってきましたね。あとはもう一押し欲しいところ。

展開次第で複勝圏

①ダイシンピスケス(JRA)山崎誠55
③トウキョウボーイ(JRA)本田重56
⑦クラトリガー篠谷葵57
⑭アンダーザスター矢野貴57

JRA勢で一発がありそうなのは3歳馬たち。①ダイシンピスケス③トウキョウボーイとも南関東で実績もありますし、自分の形に持ち込めば。⑦クラトリガーは最近不発ですが忘れた頃の一発には警戒したいところ。⑭アンダーザスターは詰めが甘いものの、それほど差のないレースはしてきそう。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

②タイセイビルダー(JRA)笹川翼56
④コスモロブロイ酒井忍57
⑤プチティラン(JRA)本橋孝56
⑥サイモンサーマル(JRA)櫻井光56
⑪ポートロイヤル(JRA)和田譲56
⑫グレンマクナス(JRA)森泰斗56
⑬トイガー山中悠57

あとのJRA勢は上がり目が薄いので、ちょっと厳しい気がします。笹川・森騎乗は気になりますが。

逃げ・先行候補

  • ③トウキョウボーイ
  • ①ダイシンピスケス
  • ②タイセイビルダー
  • ⑨カレンカカ
  • ⑫グレンマクナス
  • ⑭アンダーザスター

枠も内ですし、JRAの3歳勢2頭が積極的に行きそう。南関勢がそれをマークする展開。ただどんなペースで流れるかは読み辛いところ。流れこみのタイプも多いだけに、ペースは淀みなく流れるかも。

見解

キャッスルトップのJDD制覇や、スパーキングレディーCのグランデストラーダの重賞3着を見ても、現在の南関東のA~B級はなかなかのレベルの高さ。組み合わせ的に今回のJRA勢は2勝クラスで苦戦の馬たちですし、それなら南関東勢上位と見ていいでしょう。

中でも中心は⑧リュウノセンター。前走は内枠が仇。向正面で外が一気に動いた時に対応できず、最後仕方なく外から伸びたものの時すでに遅し。今回は真ん中枠ですし、距離も1F伸びて追走は楽になりそう。好位からスムーズなら崩れないはず。軸にしたいですね。

ここはわかりやすく⑧リュウノセンターの単勝と馬連流し。①ダイシンピスケス③トウキョウボーイ⑦クラトリガー⑨カレンカカ⑩デジマノハナ⑭アンダーザスターへ。あとは配当次第で、安い配当は元取り狙い、高い配当は一発を狙って資金配分したいです。穴ならJRAの3歳馬2頭と、まさかの⑦クラトリガー。そろそろつっこんでこないかなと思っているんですがどうでしょう。⑦クラトリガーはワイドも押さえてみます。

単勝 ⑧

馬連流し ⑧-①③⑦⑨⑩⑭

ワイド ⑦-⑧

勝負度 ★★★☆☆