2021 川崎 スパーキングプラチナチャレンジ 予想→大混戦、オーケストラの差しが決まれば◎

2021 川崎 スパーキングプラチナチャレンジ 予想→大混戦、オーケストラの差しが決まれば◎

スパーキングプラチナチャレンジ(プラチナカップTR・1着賞金600万円) 6月17日 川崎 ダート1500米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

プラチナカップTRという名前がついていますが、前哨戦というより単純にA2特別と言う感じ。南関東のこの位のクラスのレースは毎回混戦必至です。

嵌まれば一発

②ミヤケ森泰斗55
⑥ゴールドブラッド左海誠57
⑧ジョーパイロライト藤本現57
⑪オーケストラ本田重57
⑫レイナブローニュ矢野貴55

②ミヤケは内でうまく脚をためたいところ。⑥ゴールドブラッドは行き切れると強い馬。⑧ジョーパイロライトは3連勝で軌道に乗ってきた感じ。ただ今回は斤量2キロ増が課題。⑪オーケストラの前走転入初戦はそろっとしたレース。びしっと仕上げてくると一変もあるかも。⑫レイナブローニュは前走不発ですが、元々嵌まるか嵌まらないかという馬。展開ひとつ。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

①マイネルナイペス山崎誠55
③シートン篠谷葵57
④リトルパイングッド笹川翼53
⑤アルファベット御神訓57
⑦エンパイアミライ和田譲55
⑨サバンナロード西啓太57
⑩シールドヴォルト本橋孝57
⑬ラスティユース真島大56

残りの馬、すべて展開次第で馬券圏内のチャンスありと見ています。これは困ります。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

なし

ということで、馬券絡みが厳しそうな馬はいないです。これでは仕分けの意味がないですね。

逃げ・先行候補

  • ⑥ゴールドブラッド
  • ⑧ジョーパイロライト
  • ④リトルパイングッド
  • ⑨サバンナロード
  • ⑩シールドヴォルト

枠順的に⑥ゴールドブラッドが逃げの形でしょうか。外から⑧ジョーパイロライトはそれをマークする形。ただ叩かれた⑩シールドヴォルトが強気に出るとまた展開・ペースは変わってくるかも。力も接近していますし、ガチャガチャしたレースにはなりそうです。

見解

難解極まりないレース。川崎だけでなく、浦和・船橋・大井から曲者も参戦してきてますし、比較も困難。これは展開決めうちで、当たったらラッキーと言う気持ちで立ち向かうしかなさそうな一戦です。

ここは先行馬も揃っていますし、内で先行争いがごちゃごちゃしたところを、外から捲って差せそうな馬に期待。中心は⑪オーケストラ。前走の移籍初戦・船橋戦は人気でしたが、スタートで思い切りつまずく不利。そのせいか、その後も無理はせずに回ってきただけの内容に見えました。今回は叩かれて状態も違うでしょうし、スタートさえまともならまったく違うレースになるはず。自分より内の⑥ゴールドブラッド⑧ジョーパイロライト⑨サバンナロード⑩シールドヴォルトあたりの先行争いを外から観察できる展開ならチャンスもありそう。中央3勝クラスで2着2回の性能に期待。

まずは⑪オーケストラの単勝。そして馬連で⑪オーケストラから全流しでヒモ荒れ期待。人気はでしょうが、今回は斤量も増えますし同型も多いですからね。これが崩れれば楽しそうです。

単勝 ⑪

馬連流し ⑪-総流し

勝負度 ★★☆☆☆