2021 門別 ヒダカソウカップ 予想→51キロのスマイルミュと上昇クオリティスタート中心、内で揉まれるとネーロルチェンテ不安

2021 門別 ヒダカソウカップ 予想→51キロのスマイルミュと上昇クオリティスタート中心、内で揉まれるとネーロルチェンテ不安

ヒダカソウカップ(牝馬・1着賞金500万円) 6月16日 門別 ダート1600米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

嵌まれば一発

⑥ネーロルチェンテ石川倭55
⑪スマイルミュ五十冬51

⑥ネーロルチェンテはムラのある馬でしたが、ここに来て馬体も増えて本格化の兆し。これなら重賞でも。⑪スマイルミュは前走留守杯日高賞勝ち。好メンバーが揃っていましたし、今回は古馬相手でも51キロが魅力。

安定・堅実型

⑬クオリティスタート桑村真56

昨年ヒダカソウカップ・ノースクイーンカップと連勝。前走で復活の勝利を飾り、今年もここに向けて調子をあげてきました。

展開次第で複勝圏

①バブルガムダンサー阿部龍55
②ニジイロ服部茂53
③チビノヴァルタン岩橋勇55
④ニシノライリー黒澤愛55
⑩エムティアン亀井洋56
⑫ルナクレア小野楓55

先に挙げた3頭が有力ですが、どれかが崩れるとなると一転していろんな馬にチャンスが出てきます。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

⑤ストラール阪野学54
⑦レッドカード宮崎光55
⑧ハイタッチガール山本咲54
⑨マリーンワン落合玄54
⑭タッチライフ松井伸56

相手が強く、重賞では手が出ません。

逃げ・先行候補

  • ⑩エムティアン
  • ⑥ネーロルチェンテ
  • ⑨マリーンワン
  • ⑪スマイルミュ
  • ①バブルガムダンサー

先行馬は揃っていますが、どれもハナにはこだわらないタイプ。短距離型の⑩エムティアンが行こうと思えば行ってしまうかも。1コーナーまでポジション取りで混乱しそう。

見解

⑥ネーロルチェンテが好調でここでも人気になりそうですが、今回は先行争いが激しくなりそうなのと、1800→1800→1700と来ての内回り1600戦というのがどうも引っかかる材料。ためていい馬ではないだけに、ここは不安です。

それなら外の⑪スマイルミュ⑬クオリティスタートの方が計算できそう。⑪スマイルミュは前走留守杯日高賞を勝って、今回ひだか重賞連覇を狙うわけですが、その前の浦和桜花賞がケラススヴィアと真っ向勝負をした強い内容。今回は古馬相手ですが、51キロで走れるのはかなり有利。あとは1コーナーまでうまく処理できれば良いんですが。ひとつ内側にいる⑩エムティアンが、気合いをつけて内の先行勢を成敗して、それについて行って外の2列目を取るのが理想ですね。

そして⑬クオリティスタートは叩き良化型。きっちり調子を上げてきましたし、先行勢が多いここは展開も向きそう。素直に信頼したいです。

三連複2頭軸流しで行きたいと思います。⑪スマイルミュ⑬クオリティスタートから②ニジイロ③チビノヴァルタン④ニシノライリー⑥ネーロルチェンテ⑩エムティアン⑫ルナクレアへ。例によって⑥ネーロルチェンテは元取り狙いの抑え、魅力的なのは内の③チビノヴァルタン④ニシノライリー。前走のルピナス特別はなかなかいいメンバーでしたし、どちらも末脚に見所。うまく立ち回れば。

三連複2頭軸流し ⑪⑬-②③④⑥⑩⑫

勝負度 ★★☆☆☆