【京成盃グランドマイラーズ・2021・予想】カジノフォンテンにスキあり、タービランス・グレンツェントの逆転も☆

地方競馬

京成盃グランドマイラーズ(1着賞金2100万円) 4月8日 船橋 ダート1600メートル

枠順・出走馬の戦力仕分け

仕分け馬名・騎手・斤量条件攻撃短評
1…苦戦必至コスモロブロイ 吉井章 54.0移籍後まったくついていけず
2△複勝圏内アクアリーブル 矢野貴之 54.0前走結果出す、ここでも堅実
3△複勝圏内アドマイヤゴッド 今野忠成 56.0時計課題も前走鋭い脚
4◎勝ち負けカジノフォンテン 張田昂 58.0前走G1制覇、ここは相手弱化
5…苦戦必至ニシノラッシュ 仲野光馬 56.0高知C3で勝てないと厳しい
6△複勝圏内チェスナットコート 内田利雄 56.0ここ2戦そこそこ詰めるが決め手不足
7○安定型タービランス 笹川翼 56.0現在生涯ピークのデキか
8○安定型グレンツェント 森泰斗 56.0依然全く崩れない内容

逃げ・先行馬・ペース予想

  • ④カジノフォンテン
  • ⑤ニシノラッシュ

びゅんびゅん逃げるタイプもおらず、ここはカジノフォンテンの楽逃げでしょうか。途中で⑤ニシノラッシュが玉砕戦法に出るかどうか。

見解

今回から枠順・仕分け欄に「攻撃」項目を入れてみました。これは人気的に気楽だったり、はっきりとした戦法があって強気に運べそうな馬に○をつけたもの。一発がありそうな馬です。今回は⑧グレンツェントにつけてみました。他の有力馬がポジションを取るタイプだけに、一頭後ろで脚をためる形は確実。展開が嵌まれば一発もありそうです。

ひとまずここは、川崎記念でオメガパフュームに圧勝した④カジノフォンテンが当然注目。ただ今回は58キロで距離短縮、そして本番はこの次のかしわ記念とすると取りこぼしも考えたいです。何よりこれに続く⑦タービランス⑧グレンツェントも相当レベルが高いですからね。 

⑦タービランスは最近交流重賞で善戦、前々走も金盃楽勝のマンガンを封印。ここでも簡単には崩れないでしょう。そして⑧グレンツェントはさきほど言ったように前に馬を置いてレースができる立場。末脚は切れますし、この頭数なら今回一発まであるかも。

ここは三連単でこの3頭のボックスで見学。④カジノフォンテンに人気が被ってくれれば、組み合わせ次第でいい配当もありえそう。②アクアリーブルでは時計・決め手でちょっと足りないですかね。先輩のお兄さんたちを信頼してみます。3強対決に期待。

三連単ボックス ④⑦⑧

勝負度 ★★☆☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました