メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

地方競馬

2020 川崎 全日本2歳優駿 予想 アランバローズの完成度とスピード◎ 穴は森泰斗トランセンデンス☆

地方競馬

『全日本』に相応しい一戦

全日本2歳優駿(2歳・JRA全国国際交流・1着賞金4200万円) 12月16日 川崎 ダート1600米

勝ち負け

なし

嵌れば一発

②デュアリスト(JRA)北村友55再度単騎逃げなら
④タイセイアゲイン(JRA)福永祐55前走惨敗も左回り戻って
⑧ラッキードリーム(北海道)御神訓55前走金星門別の大将格
⑪アランバローズ左海誠55前走番手快勝出脚速い

安定型

⑩ランリョウオー本橋孝55決め手不足も欠点少ない
⑫リーチ(北海道)桑村真55相手強化もスピード能力通用

展開次第で複勝圏

①トランセンデンス(北海道)森泰斗55堅実差し鞍上魅力
⑤ラストリージョ(JRA)柴田大54距離心配どこまで辛抱
⑥ルーチェドーロ(JRA)戸崎圭太55前走案外すんなり追走なら
⑬バクシン(JRA)斎藤55大外と距離克服が問題

危険な人気馬

なし

苦戦必至

③アークエンジェル笹川翼55力不足明らかで
⑦ギガキング(北海道)服部茂55堅実だがここではパンチ不足か
⑨アイバンホー(金沢)中島龍55北海道時代のクラス考えると
⑭ナインボール藤江渉54この強力メンバーでは

見解

全日本の名に相応しい一戦。さながら、中央VS南関東VS北海道という感じですね。力の比較も困難ですが、その分予想も楽しいレース。昨年もヴァケーションが勝って、ティーズダンクが2着。もはやJRAと地方の差は、2歳戦においてはほとんどないと考えて良さそう。そうなると鍵を握るのは現時点での完成度と、小回り川崎1600の適性。そこを重視して予想してみました。

中心は船橋・⑪アランバローズ。1000→1200→1400→1600とデビューから無敗の4連勝。とにかくスタートセンスが抜群で、最初の3連勝は逃げ切りでしたが、前走は番手競馬で快勝。直線もまだ余裕がありそうで、時計も優秀。今回は内から園田JG勝ちのJRA②デュアリストが先行しそうですが、逃げても番手でもレースはできそう。左回りも船橋所属で問題なし。小さな体ですが、その分完成度と操縦性が高い馬。圧勝もあると見て中心にします。

②デュアリストも売れそうですが、今回は初ナイターで距離延長。前走があまりにもうまく行き過ぎましたし、今回はアランバローズの左海が外から張って来る可能性もあります。左海のアクションを見て、抑えて包まれたりすると危ない部分も。強い馬ですが、今回は押さえにまわして波乱を狙いたいところ。

馬連・馬単1着固定で⑪アランバローズから、①トランセンデンス②デュアリスト④タイセイアゲイン⑧ラッキードリーム⑩ランリョウオー⑫リーチ⑬バクシンまで。そして軽く三連複で、①トランセンデンスとの2頭軸流しを少量買ってみます。すべては②デュアリスト次第。変わり身が期待できるのは④タイセイアゲイン。左回りのマイルでナイターも2回目なら。⑩ランリョウオーも切れないですが堅実ですから要注意。北海道勢は差し勢が多いので、昨年のティーズダンク3着のような滑り込みに期待。特に①トランセンデンスの森泰斗ですね。また人気がなさそうですから期待したいです。

馬連・馬単1着流し ⑪→①②④⑧⑩⑫⑬

三連複2頭軸流し ①⑪-②④⑧⑩⑫⑬

勝負度 ★★★☆☆

タイトルとURLをコピーしました