2020 盛岡 絆カップ 予想 ヒガシウィルウィン・ランガディアから高目狙い◎○、鍵はパンプキンズ。

2020 盛岡 絆カップ 予想 ヒガシウィルウィン・ランガディアから高目狙い◎○、鍵はパンプキンズ。

実力差があるメンバー

絆カップ(3歳以上・1着賞金300万円) 盛岡 ダート1600米

勝ち負け

⑤ヒガシウィルウィン山本聡57岩手ではやはり力が上か

嵌れば一発

②ランガディア鈴木祐57マーキュリーC3着光る

安定型

なし

展開次第で複勝圏

①フェンドオフ坂口裕57若干距離短いがしぶとい
③モンサンルリアン南郷家57決め手勝負で劣るが
④ミズサンタイム村上忍57末脚光るが時計詰めないと
⑥センティグレード菅原辰57昨年4着前崩れれば
⑨スカイサーベル高橋悠57前崩れなら台頭

危険な人気馬

⑧パンプキンズ岩本怜57実績上位も目標にされそう

苦戦必至

⑦トミケンスラーヴァ山本政57なかなか楽な競馬にならず
⑩エムワンピーコ関本淳55牡馬のトップクラス相手では

見解

岩手にやってきた⑤ヒガシウィルウィン。南関東・北海道では最近ズブさが目立っていましたが、さすが交流G1馬。岩手に来ると力の違いを見せつけて連勝してます。前走の南部杯はJRA相手に敗れましたが、それでも1分34秒台をマーク。まずは馬券の中心で間違いないですね。

実力でその後に続くのは②ランガディア⑧パンプキンズ。この2頭なら②ランガディアが上でしょうか。中央オープンから岩手移籍後重賞連勝。さらにダートグレードのマーキュリーCで3着と好走。この2戦は少しトーンダウンしていますが、盛岡のダートなら見直しが必要でしょう。逆転までありそうです。⑧パンプキンズは2走前~4走前とヒガシウィルウィンに完敗。その前にもランガディアに敗れていますし、対戦成績で分が悪い感じ。その他の馬に比べると実績上位なんですが、逃げて2強の目標になって競り落とされるような展開になれば、思わぬ凡走もあるかもしれません。

配当的な妙味としては、おそらく3番人気になるであろう⑧パンプキンズが飛ぶ展開しかなさそうですね。三連単フォーメーションで、1着2着を⑤ヒガシウィルウィン②ランガディアの裏表、3着はその他①フェンドオフ③モンサンルリアン④ミズサンタイム⑥センティグレード⑧パンプキンズ⑨スカイサーベルへ流して高目を待ちます。⑧パンプキンズは配当が安いと思うので調整して元取り狙い。②ランガディアがマーキュリーCだけ走ってくれると、基本的にジリ脚の⑤ヒガシウィルウィンを逆転する力は十分あると思うんですが。それ以外の馬は展開次第でどうにでもなりそう。とにかく高目を頂きたいです。

三連単フォーメーション ②⑤→②⑤→①③④⑥⑧⑨

勝負度 ★★☆☆☆